可憐でおいしい「エディブルフラワークッキー」レシピまとめ

「エディブルフラワー」という食べられるお花を使った、見て美しい、食べておいしいクッキーを作ってみませんか?プレゼントやおもてなしにもピッタリですよ。今回は、そんな「エディブルフラワークッキー」のレシピとアイデアをご紹介。

2019年4月9日 更新

ライター : noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われます^^;

食べられるお花「エディブルフラワー」

みなさんは、「エディブルフラワー」という食べられるお花を知っていますか? 日本でのブームはまだこれからといった感じですが、海外ではかなりメジャーで、エディブルフラワーを使ったサラダやスイーツなどが親しまれています。マリーゴールドやパンジー、ラベンダーなど、日本で愛されているお花もあるんですよ。

エディブルフラワーで美しいクッキーを

そんなエディブルフラワーを使って、クッキーを作ってみませんか? 見ても食べても幸せな気分になれる「エディブルフラワークッキー」は、ちょっとしたプレゼントやお友だちをもてなすためのお菓子にピッタリです。 まずは、基本の作り方からご紹介したいと思います。

「エディブルフラワークッキー」基本レシピ

薄力粉、バター、砂糖を混ぜ合わせてクッキー生地を作ります。それを型抜きし、予熱したオーブンで焼きましょう。それからエディブルフラワーを飾っていくのですが、熱に弱いのでかならず冷めてから飾りましょう。 ただのせるだけでもかわいいですが、きちんとクッキーに固定したいときにはアイシングを使うと便利です。粉砂糖と卵白を混ぜ合わせてクッキーに塗り、乾かないうちにエディブルフラワーを貼りつけて完成。
さて、作り方が分かったところで、ここからはエディブルフラワークッキーのさまざまなアイデアをご紹介していきます。ぜひ、気になったものがあったら作ってみてくださいね。

あなた好みのエディブルフラワークッキーを

アイシングで失敗しらず

まるで押し花のように、素朴で可憐なエディブルフラワークッキーです。一面をアイシングコーティングすることで、多少の焦げやひび割れもカバーできて安心。お菓子作り初心者の方は、アイシングがおすすめです。

桜の塩漬けで

桜の塩漬けを使うなら、クッキーを型抜きした時点でのせて一緒に焼いてもOK!口の中にほんのりと、桜の風味が広がります。桜の塩漬けの作り方は、下記レシピを参照してください。

大きな花で一面に

大きなエディブルフラワーを使えば、一面をおおうこともできます。どこから食べてもお花の風味を楽しめるので、贅沢にエディブルフラワーを使ってみましょう!おもてなしの品として作るときには、このようなクッキーがおすすめです。

特集

FEATURE CONTENTS