12分でOK!材料4つで絶品「ハニーバターコーン」の作り方

はちみつバターで食べるとうもろこしの味は最高。10分ちょっとで材料もたった4つと簡単ですので、ぜひ一度作ってみてくださいね。とうもろこしのケーキ(フリッター)の作り方、このレシピで登場するコーンミールのこともご紹介します。

簡単「ハニーバターコーン」の作り方

材料・3人分

とうもろこし…4本をそれぞれ横半分にカット
はちみつ…大さじ1杯
有塩バター…大さじ3杯分、溶かします。
パセリ…小さじ2分の1杯をみじん切り

調理方法

沸騰したお湯にとうもろこしを入れて10分ゆでます。はちみつとバター、パセリを混ぜ合わせて「ハニーバター」を作ります。カットしたとうもろこしそれぞれに、ハニーバターをまんべんなくぬりましょう。ハニーバターの中にとうもろこしを入れて味をまぶしてもOK!
辛いのが好きな方は、唐辛子をハニーバターにちょっと入れてスパイシーにしてもおいしいです。すぐできちゃいますので、おやつ代わりにもなりますね。

こちらの記事を参照しました。(海外)

ほのかな甘さを感じよう「フライドコーンケーキ」の作り方

材料・10~12個分

スイートコーン缶…2缶、汁を捨てておきます。(とうもろこし6本分、粒をバラバラにしてもOK)
ネギ…4~5本、小口切りに
卵…2個
植物油…大さじ2杯
塩…小さじ1杯
コショウ…小さじ2分の1杯
ガーリックパウダー…ひとつまみ
小麦粉…カップ4分の1杯
コーンミール…カップ4分の1杯(コーンミールは、とうもろこしの粗びき粉)
バター…大さじ2杯

調理方法

1、とうもろこしの粒は半分フードプロセッサーに入れ細かく砕きます。(ピューレ状にしないように注意)

2、細かくしたとうもろこしを、残りのとうもろこしとネギ、卵黄(2個分)、油、塩、コショウ、ガーリックパウダーと大きいボウルに入れて混ぜ、卵白はわけてとっておきます。

3、小麦粉とコーンミールをそこに追加してなじむまで優しく混ぜ合わせます。

4、中ぐらいのボウルに卵白を入れ、軽く角がたつまで撹拌します。できあがったらそっとコーンミールなど混ぜた中に追加し、さっくりと合わせます。

5、スキレットに中強火でバターを溶かし、丸く成形したコーンケーキを入れます。一度に2枚まで焼くようにしましょう。入れすぎると裏返すのも大変なので、適量で。

6、片面数分ずつ焼いて、軽く焼き色をつけます。できたら熱いうちにいただきましょう。
チリソース、ケチャップなどつけて食べてもおいしい!「ケーキ」という名前ですが、コーンフリッターと考えていいと思います。とうもろこしのほんのりした甘さを楽しみましょう。

こちらの記事を参照しました。(海外)

コーンミール=とうもろこし粉です

今回のレシピで出てきた「コーンミール」とは、とうもろこしを粗くひいた粉です。日本ではそれほどメジャーではないかもしれませんが、小麦粉がわりに、あるいは小麦粉と一緒に使われるんですよ。とうもろこしはヘルシーな食材として知られているので、海外のレシピではよく出てきます。

遺伝子組み換えのされていない、とうもろこしの胚乳部分だけひいたコーンミールです。パン作りやマフィン作りに使っても合いますよ。
カルディのオンラインショップで取り扱いがあるので、実店舗でも販売があるのでは
ないかと思います。詳しくはお近くの店舗でご確認ください。

特集

SPECIAL CONTENTS