南国フルーツ「ピタヤ」とは?上手な食べ方とおいしいスイーツまとめ

鮮やかなピンク色をしたフルーツ「ピタヤ」をご存じですか?ハワイで人気のデザートメニュー「ピタヤボウル」を食べたことがある方がいるかもしれませんね。今回は、日本ではなかなか見かけることのない色をした、「ピタヤ」の特徴についてまとめました。

ピタヤの別名は「ドラゴンフルーツ」

ピタヤの別名は「ドラゴンフルーツ」と言います。この名前であれば、聞いたことがある人も多いでしょう。その名の通り、ピタヤの表面の様子が、龍(ドラゴン)のうろこに似ていることから、この別名がついたようです。

また、サボテン科のサンカクサボテンの実の総称を「ピタヤ」と言うそうです。

ピタヤの栄養

バナナやごぼうに多く含まれる食物繊維、海産物や納豆に含まれる葉酸、野菜や豆類に多い葉酸などがピタヤからも摂取できます。また、ピタヤはこれら多くの栄養素と一緒にたっぷりの水分も摂れます。

ピタヤの食べ方

皮の剥き方とカットの方法

ピタヤの身はやわらかく、りんごなどのように回して皮をむくのには適していません。完熟すればするほど剥きにくくなるため、ざっくり全体をカットしてからむく方法が適しています。

縦に半分にしたピタヤをさらに半分にカットし4等分にします。包丁を皮と実の間に滑り込ませ、実と皮を切り離すのが簡単です。皮をつけたまま、横にして適度幅に身をカットすれば、フォークで刺してそのまま食べられます。

ピタヤを簡単デザートに

ヨーグルトに入れてはちみつをかけて食べるのもよいですし、ほかのフルーツと一緒にミックスジュースにするのもおすすめです。ピューレ状にしてアイスやミルクプリンにかけるのもおいしいですよ。
▼おいしく食べるための切り方はこちら

食べごろの見分け方

市場に多く出回るのは6月〜11月。皮表面の色が濃いものがより熟しているものです。色が薄いものでも水分が多く、十分おいしく食べられます。カットして使いたい場合は、やや薄めの色のものを選ぶと扱いやすいですよ◎

重みのあるものがおいしい

小さめのものよりは大きいほうがおいしいとされており、しっかりと重みのあるものをチョイスしましょう。保存は野菜室で。ただ、あまり日もちしないので気をつけてくださいね。

冷やしすぎてしまうと食べたときに甘みを感じにくいので、食べる1時間前には冷蔵庫から取り出しておけば本来の味わいを楽しむことができますよ。

ピタヤのアレンジレシピ3選

1. ドラゴンフルーツバスケット

5つのフルーツを盛り付けたフルーツバスケット。彩りが華やかでパーティーのデザートにもぴったりです。小さなお子さんから、大人まで、みんなが食べやすいデザートです。

甘酸っぱい果物をまとめていますが、バナナやマンゴーなど、甘味のつよいフルーツも合わせるのも良いですね。

2. ドラゴンフルーツとココナッツのスムージー

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう