ヘルシー志向上昇中のあなたへ。「エナジーバー」を作ってみよう

健康志向が強くなっているアメリカで大人気を誇るのがエナジーバー。現在、何十種類ものエナジーバーが販売されていて朝食や昼食がわりにエナジーバーを食べる人も少なくないとか。そこでスーパーフードを使って最強のエナジーバーを作るレシピをご紹介!

アメリカで超人気のエナジーバー

ちょっとお腹が空いた時、寝坊をして朝ご飯を食べる時間がない時、ジムで汗を流した後、また非常時の常備食としてエナジーバーが海外では人気を集めています。市販品も色々とありますが、中には砂糖の含有量が多く、太ってしまうんじゃないかなと逆に心配になるのも事実。そこでホームメイドで、ほんとうに身体に良い材料を使って,100%ヘルシーなエナジーバーを作ってみませんか?エナジーバー大人気のアメリカでは実に多くのホームメイド用のレシピが出回っています。では、さっそくご紹介しましょう!

スーパーフードプロテインエナジーバー

【材料】生の無塩のアーモンド1/4カップ、無塩のクルミ1/4カップ、パンプキンシード1/4カップ、チアシード大さじ3、デーツ2カップ、プロテインパウダー1/3カップ、お好みでマカパウダー大さじ2、乾燥ブルーベリー1/2カップ、ココアニブ大さじ3

*1カップは240cc入りのアメリカサイズを使用

【作り方】アーモンド、クルミ、パンプキンシード、チアシードをフードプロセッサーかブレンダーに入れパルスの機能で15〜30秒、ナッツと種が砕けるまで回します。
デーツ、プロテインパウダー、ブルーベリー、カカオニブを入れ生地がボール状になるまで回します。ラップの上に生地を取り出し、2.5センチの厚さの長方形に伸ばします。ラップで包み,冷蔵庫に入れ固めます。8つのバーに切り分け,冷蔵庫かフリーザーで保存します。
*カカオニブ...チョコレートの原料になるカカオ豆の実の部分。

材料3つで作るピーナッツバターエナジーバー

【材料】無添加のピーナッツバター1カップ、ハチミツ1カップ、調理していない乾燥ロールドオーツ3カップ

【作り方】ピーナッツバターとハチミツをノンスティックのフライパンに入れ、弱火で混ぜながら温め液状にします。オーツを入れ混ぜ、22センチ角の型に入れ冷ましてから切り分けます。

チョコレートチェリーアーモンドエナジーバー

オーブンを150℃に温めておきます。20センチの角型にパーチメント紙を敷きます。ボールにアーモンド、ペカンナッツ、オーツ、サンフラワーシード、フラックスシード、ヘンプシード、乾燥チェリーを入れ混ぜます。別のボールにアーモンドバター、バニラエッセンス、塩、ブラウンライスシロップ(玄米水飴)を入れよく混ぜ、ナッツのボールに入れ混ぜます。生地を型に入れ広げ、スプーンの背か手でしっかりと押します。オーブンで30分焼き、型に入れたまま45分〜1時間冷ましてから切り分けます。

ボールに溶かしたココナッツオイルを入れ、ゆっくりとココアパウダーとメープルシロップを入れ混ぜます。切り分けたバーの底をココアパウダーのボールに漬け、逆さにしてパーチメント紙の上にのせ乾かします。乾いたら反対の面を上にし、残りのココアパウダー液をつけます。アルミホイルで包み、冷蔵庫かフリーザーで保存します。

ココナッツと抹茶のエナジーバー

デーツ、アーモンド、カシューナッツ、ヘンプシード、バニラエッセンス、抹茶をフードプロセッサーのパルスの機能を使いよく混ぜます。カカオニブを加え混ぜ、型にパーチメント紙を敷いて生地を入れます。手で強く押さえ平で滑らかにし、ココナッツフレークと抹茶をふりスプーンの背で押さえます。フリーザーに30分以上入れます。
おわりに
材料を見るだけでもヘルシーな食材が揃ったホームメイドのエナジーバーは、その名の通りエネルギー補給に役立ちそうですね。小腹が空いた時の強い味方になりそうです。スナック菓子よりずっと身体に優しいので、一度トライしてみませんか?

特集

SPECIAL CONTENTS