【基本のレシピ】自家製リコッタチーズの作り方。人気の活用レシピも

今回は、基本のリコッタチーズの作り方や人気の活用レシピについてご紹介します。ヨーグルトなどのホエーや牛乳など身近にある材料で簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。サラダやおつまみ、パンケーキなどさまざまな料理に使えるのでおすすめです。

材料別!リコッタチーズの基本の作り方

基本の作り方 1_ホエー(ヨーグルト)を使う

リコッタチーズは"ホエー"を加熱してできあがったものです。このレシピはそのホエーを使用した基本のレシピ。自宅でホエーを準備する場合、市販のヨーグルトを水切りして抽出するのが一番お手軽ですよ!

材料

・ホエー(水切りヨーグルト)...300ml
・牛乳...300ml
・酢...大さじ1杯

作り方

ホエーと牛乳を鍋に入れ、表面がふつふつとするまで火にかけ、沸騰直前に酢を入れます。よくかき混ぜたら、火を止めましょう。ボウルの上にガーゼを敷き、その上に置いたら絞らずに数時間放置してできあがり。手で絞らずに、好みの固さになるまで待つのがポイントです。

基本の作り方 2_ 牛乳と生クリームを使う

ホエーを使用しないお手軽レシピ!生クリームも使用しているので、通常のリコッタチーズよりもミルキーで濃厚な味わいが楽しめますよ。サラダやパスタに使用するよりも、そのまま食べたり、スイーツ系に活用するのがおすすめ。

材料

・牛乳...500ml
・生クリーム...50ml(お好みで)
・塩...小さじ1杯
・レモン汁...大さじ3杯

作り方

鍋に牛乳、生クリーム、塩を入れたら沸騰直前まで温めます。そこにレモン汁を加えたら、弱めの中火でかき混ぜ続けましょう。火を止めて10分ほど放置し、ガーゼの上におたまなどで静かに入れていきます。軽くガーゼで包み込み、お好みの固さまで水切りしたらできあがり!

【おつまみ・お食事系】リコッタチーズの活用レシピ5選

1. ひと品足りない時に!リコッタポテト

竹串がすっと通るくらいに、じゃがいもを皮ごと電子レンジで加熱したらじゃがいもの皮をむき、ひと口サイズにカットしておきましょう。ボウルにリコッタチーズ、オリーブオイル、レモン汁、塩、ブラックペッパー、加熱したじゃがいもを入れてよく和えたら器に盛ります。最後にローズマリーを添えてできあがりです。

リコッタチーズでポテトサラダを作れば、マヨネーズで作るよりも低カロリー・低脂肪に仕上がりますよ!仕上げにローズマリーで香り付けしているので、普段のポテトサラダとはひと味違う大人のポテトサラダです。

2. 絶品!リコッタチーズと明太子のディップ

明太子の薄皮を取り除き、明太子の中身の部分とリコッタチーズと混ぜ合わせます。スライスしたバゲットに塗り、仕上げにパセリをトッピングしたら完成!

混ぜ合わせるだけの簡単レシピなので急な来客や、時短で作りたいおつまみにもってこいのレシピです。多めに作って、翌日の朝にトーストにつけてもいいですし、茹でたじゃがいもの上にかけてもおいしそうですね。

特集

SPECIAL CONTENTS