冬はほっこりクリーム鍋で♩シメまでおいしい「カルボナーラ鍋」を作ろう!

今回は、スパゲッティの人気メニュー・カルボナーラを取り入れた新感覚の鍋「カルボナーラ鍋」をご紹介。コクのあるクリーミーなスープに、パルメザンチーズや黒胡椒の風味が加わった絶妙な味わいを楽しむことができます。

人気の「カルボナーラ鍋」

冬といったら、やっぱりお鍋の季節ですよね。塩や醤油ベースのものなど定番の鍋に加えて、最近は様々な種類が登場しています。

その中でも今回は、スパゲッティの定番人気メニュー・カルボナーラを取り入れた、新感覚の「カルボナーラ鍋」をご紹介。クリーミーかつコクのあるスープにチーズのまろやかさと黒胡椒の刺激がプラスされ、一度食べたら忘れられない味わいですよ。
それではまず、基本的な作り方からご紹介していきたいと思います。

カルボナーラ鍋の作り方

ダシとして用意するのは、牛乳と生クリーム、鶏ガラスープの3つ。あとはチーズと卵、黒胡椒があればカルボナーラ鍋はできあがります。
具材は、ベーコンやしめじ、玉ねぎなどを加えるとよりカルボナーラらしくなりますよ。あとはお好みでどうぞ!冷蔵庫の中にある残り物だけでも立派な鍋になるので、主婦の方にとっては嬉しいですよね。

鍋の素を使えば楽々!

基本的な作り方を紹介しましたが、もっと簡単に手軽に楽しみたいという方は市販のカルボナーラ鍋の素を使ってもOKです。
鍋の素にお好みの野菜やウインナー、ベーコンなどを加えて煮込むだけで、あっという間に完成してしまいますよ!とろけるチーズを加えて、よりクリーミーにしてもいいですね。

その日の気分に合わせて、いろいろとアレンジしてみてください。

カルボナーラ鍋はシメまでおいしい!

カルボナーラ鍋の魅力は、具材をすべて食べ終わったあとにも続きます。クリーミーな味わいとコクのある旨味を使って、最後まで楽しんじゃいましょう!
シメとしておすすめなのは、卵とチーズを加えてカルボナーラ風のリゾットにすること。いつもはパスタとして食べているカルボナーラを、リゾットとして味わってみてください。

作り方はいたって簡単。具材を食べ終えたカルボナーラ鍋に、ごはんを加えて柔らかくなるまで煮込みます。ほどよく煮込んだら、溶き卵やとろけるチーズ、パルメザンチーズなどを加えてフタをしましょう。
ひと煮立ちさせたら、ブラックペッパーで味にアクセントを加えてカルボナーラ風リゾットの完成です!

パスタやうどんなどの麺でもOK

もちろんカルボナーラらしく、パスタを加えてもいいですね。ベーコンやにんにくを鍋のときに入れていれば、スープの旨味がアップしているのでかなりコクのあるカルボナーラを楽しむことができますよ。スープパスタのような感覚で、食べてみてください。

野菜や肉から出た旨味たっぷりの味わいは、うどんにもよく合います。もちもちとした食感が好きな方は、「カルボナーラうどん」を試してみるといいかもしれませんね。

おわりに

いかがでしたか?カルボナーラ鍋は自然と野菜をたくさん食べることができるので、栄養満点!濃厚な旨味を味わいながら、みんなで楽しめるメニューです。

鶏肉や豚肉を加えてみたり、ブロッコリーなど普段の鍋にはあまり入れないような食材をプラスしてみたりして、さまざまなアレンジを楽しんでみてください。
もちろん、シメのご用意もお忘れなく!
濃厚でクリーミーな新感覚「カルボナーラ鍋」を、一度試してみてはいかが?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう