試さずにはいられない!Yukiさんの「リラックマ団子」がかわいすぎる

今回は、ネットで話題になっている「リラックマ団子」を紹介します。これはみたらし団子をリラックマの姿へアレンジしたもので、発案者は『ユキッチン』というサイトを運営するYukiさん。見ているだけでも幸せになれるリラックマ団子を作ってみましょう!

リラックマ団子がかわいすぎる

ゆるっとした表情がかわいいリラックマは、その愛らしい仕草や顔でたくさんの人を魅了しています。そのかわいさの虜になっている方も多く、キャラクターグッズやキャラ弁などは大人気!
その中でも今回は、ネットで話題になっている「リラックマ団子」を紹介します。

とにかく「かわいい」のひと言!

見てください!このかわいらしい「リラックマ団子」を!
これはみたらし団子をリラックマバージョンにアレンジしたもの。昔からある日本の伝統的なおやつ・みたらし団子がこんなにかわいくなるなんて……アイデア次第でこんなにも変わるんですね。

見ているだけでも幸せになれるリラックマ団子は、食べるのを躊躇してしまいそう。発案者は『Yukitchen(ユキッチン)』というサイトを運営するYukiさん。
ここのサイトには様々なフードアートが掲載されていて、そのクオリティーの高さからたびたび話題になっています。
ではさっそく、その作り方をご紹介!

「リラックマ団子」の作り方

<材料>
(お団子)
・上新粉 50g
・白玉粉 50g
・水 75g

(みたらしソース)
・醤油 大さじ2杯
・みりん 大さじ5杯
・黒砂糖 大さじ4杯
・水 大さじ4杯
・片栗粉 大さじ1杯 (水を後でおおさじ1杯追加)

(リラックマの顔のパーツ)
リラックマの耳:薄焼き卵
リラックマの目、鼻、口:海苔
リラックマの口の丸いパーツ:チーズ(私はグダチーズを使用)
①片栗粉以外のすべてのみたらし材料をお鍋に入れ、中火で湯で、沸騰するまで待ちましょう。ここでみりんのアルコール分をとばします。

②片栗粉を大さじ1杯の水と溶かしてから、なべに加えていきます。みたらしをトロトロにするためにはここでよく溶かさないと、中でダマになってしまうので注意しましょう。

③ゆっくりと混ぜ続け、みたらしソースがいい感じになってきたら火を止めます。次は団子作りです。

④お団子の材料を全部混ぜ、耳たぶの固さを目標にしながらこねていきましょう。程よい固さになったら団子をリラックマの形に整えていきます。

⑤団子をリラックマの形に整えたら、弱火で沸騰したお湯の中に、ゆっくりと落とます。団子が浮かんできたらOKの合図です。およそ10分くらいで浮かんできます。

⑥お湯から上げたリラックマのお団子を串に刺していきます。できるだけリラックマの真ん中を貫通させるようにすると、バランスよく仕上がります。みたらしソースをかけて色をつけていきましょう。みたらしかけてから10分ほど経過したあとに、もう一度みたらしをかけると、ブラウンの色も鮮やかになるのでおすすめです。

⑦最後にリラックマの顔を作っていきます。耳は薄焼き卵、リラックマの口はチーズの薄切り、リラックマの唇と目は海苔を使います。これでかわいいリラックマ団子の完成です!
いかがでしたか?
今すぐにでも試したくなってきますよね。お子様におやつとして出したら、喜ぶこと間違いなしです!友だちを自宅に招く際のおもてなしとしても、いいかもしれません。
ぜひ一度、あなたもキュートな「リラックマ団子」を作ってみてください!
他にもいろいろキュートで使えるレシピが盛りだくさん。YukiさんのHPはこちら。是非のぞいてみてくださいね。

Yukiさんのインスタグラムも、チェック&フォロー

特集

SPECIAL CONTENTS