ライター : yukky

和洋中なんでも好き、スイーツも好き、ビールフェスはもっと好き。最近は、下北、吉祥寺に出没傾向。宜しくおねがいします。

ご飯もビールも止まらない!

一日頑張ったご褒美に、自分の為のおつまみを作ってみませんか?今回ご紹介するのは、居酒屋メニュー風なピリ辛牛ゴボウのしぐれ煮の作り方。 親子丼に、お煎餅、輝かしい照りの鶏もも肉など‥どうして甘辛い味ってあんなに美味しいのでしょう?今回は、牛ゴボウをごはんもお酒も進む、そんな甘辛味で仕上げた一品です。 最近ではコンビニでカット済の牛肉や、アク抜き済のゴボウがありますよね。手順もびっくり、煮るだけで出来ちゃうので、案外気軽にお作り頂けるレシピです。 食物繊維たっぷりのゴボウを美味しく取り入れて、より楽しい晩酌をお楽しみ下さいね!

【分量 3〜4人分】

牛肉 250〜300g ゴボウ 1本 酒・だし汁 各50cc A(醤油・みりん・砂糖) 各大さじ2 七味唐辛子 3〜5振り 【合うお酒】 ビール、焼酎、赤ワイン、日本酒

作り方

その1:ゴボウはささがきにしアク抜きし、水気を切る。
POINT:アク抜きは、ささがきしたゴボウを酢水に5分ほど漬ければ完成です。
その2:鍋にゴボウと牛肉、酒とだし汁を入れ煮立てる。
その3:アク抜きをし、ひと煮立ちする。
その4:Aの調味料を加え、汁気がなくなるまで煮つめる。
その5:火を止め、七味唐辛子を振って冷ます。
POINT1:七味唐辛子には臭み消し等の効果もあるので、一味ではなく七味を使用しましょう。 POINT2:七味唐辛子を加えたら、軽く混ぜます。一度冷ますことによって、味が落ち着いて格段においしくなります。
その6:お好みで薬味をのせ、完成!
万能ネギや刻み海苔、生姜を乗せるとまた美味しいですよ。牛肉とゴボウのシャキシャキした食感が相性良く、旨味をしっかりと吸い込んでいる一品です。 冷凍・冷蔵保存がきくので、何度かに分けてお楽しみ頂けます。これがあれば、ご飯も進む、お酒も進む!さっと卵でとじて、〆のどんぶりにしても激ウマですよ!
提供元:

編集部のおすすめ