「クリスマスケーキ」は日本だけ?その由来と歴史について

あと約1ヶ月でクリスマスもやってきますが、クリスマスケーキを食べる習慣って日本だけなんでしょうか?それともほかの国でもやってるの?日本でなぜクリスマスケーキを食べるようになったのか由来などについてお話します。

クリスマスにケーキを食べるのって日本だけ?

私たちは、クリスマスにごく普通にケーキを買って(あるいは作って)お祝いしますが、これは世界共通のことなんでしょうか?疑問に感じたことはありませんか?

日本の場合は最近はちょっと様変わりしてきていますが、いちごがのった生クリームの白いクリスマスケーキが定番ですよね?海外でもクリスマスはケーキでお祝いする国はあるんですが、ケーキの種類がちょっと違うようですよ!

フランスは「ブッシュ・ド・ノエル」

日本でも人気が出てきていますが、フランスのクリスマスで食べられるのは「ブッシュ・ド・ノエル」というケーキです。ブッシュがフランス語で「木・丸太」を意味し、ノエルは見聞きされたこともあるんじゃないかと思いますが、「クリスマス」の意味なんですね。

どうして木の形なのかということについては諸説あるそうですが、クリスマスはキリストの誕生日であり、キリストの生まれたことを祝って、赤ん坊を風邪などひかないように暖かく守るために暖炉で薪をくべて火をおこした、ということに由来するという説があるようです。

ドイツは「シュトーレン」

こちらもここ数年、日本でもパン屋さんで見かけるようになったと個人的に思っているんですが、ドイツは「シュトーレン」をクリスマスに食べます。ブランデーなどアルコールに浸しておいたドライフルーツが入った甘い長細いパンです。

シュトーレンはドイツ語で「坑道」を意味し、トンネルのような形をしているところからこの名前がついたそう。粉砂糖をまぶしてあり、これを赤ん坊であるキリストの産着になぞらえたとされているようです。

パンといってもかなり日持ちがして、お菓子・ケーキとして食されるようですよ。

イタリアは「パネトーネ」

イタリアではミラノの名菓「パネトーネ」をクリスマスに食べるんだとか。レーズンなどのドライフルーツが生地の中に入っている甘いソフトなドーム型のパンということで、ちょっとドイツのシュトーレンとも似ていますよね!

イギリスは「クリスマスプディング」

イギリスでは、ナッツ、ドライフルーツ、スパイスを入れて焼いた「クリスマスプディング」を食べるのが習わしのようです。

では、アメリカは?

アメリカは実は、クリスマスにケーキを食べるという習慣はないようです。その代わりに「七面鳥」を食べるという家庭は多いようですね。あとはパイやクッキーなどを食べるみたいです。

日本ではなぜクリスマスにケーキ!と習慣づいたのでしょう?

実は不二家のマーケティング戦略だった!?

日本人はキリスト教徒も少ないですし、もともとクリスマスにケーキを食べることは根付いていませんでした。

そこでお菓子の老舗メーカーの不二家が1922年に初めて日本でクリスマスケーキを販売し、「クリスマスにはケーキを食べましょう!」と習慣づけるようにマーケティングを図ったんだとか。

スポンジケーキに生クリームをぬって砂糖でできたサンタさんや家などが飾られたもの、いちごがデコレーションされたもの、定番のケーキの基本は不二家さんが作ったものなんだそうです。しかし当時は高価で一般市民が購入できるものではなかったようです。

確かに1922年というと調べたら大正時代末期ですので、まだ日本には定着していなかったのも納得です。一般的にクリスマスケーキが広まっていったのは、昭和50年代(1975年あたり)からだそうですよ。
【終わりに】
そういえば、バレンタインにチョコを贈るのもどこかのチョコレートメーカーの作戦じゃなかったかと思い出しましたが、日本におけるイベントは、企業のイメージ戦略がもしかしたら大きくかかわっているのかもしれませんね。

特集

SPECIAL CONTENTS