一度食べたら止まらない!海外から「ガーリックちぎりパン」のレシピ

ちょい食べに最適なサイズながら、食べだしたら、食べ終わるまで手が止まらなくなる、病みつきレシピの紹介です。にんにくとパセリの風味が、どんどん食欲をかきたてます。子供から大人まで楽しめるレシピですよ。

ガーリックちぎりパン レシピ

材料(2本)

アクティブドライイースト・・・小さじ1
温水・・・1/2カップ
上白糖・・・大さじ1
常温にした無塩バター・・・大さじ1
牛乳・・・1/2カップ
塩・・・小さじ山盛り1
強力粉・・・3カップ

「トッピング」
溶かしたバター・・・大さじ4
塩・・・ひとつまみ
刻んだパセリ・・・少々
刻んだにんにく・・・2カケ

調理方法

1.ボウルに温水を入れ、電動ミキサーのアタッチメントをドーフックに付け替えておく。
2.1に上白糖とアクティブドライイーストを入れる。
3.2を5〜10分寝かせる。
4.無塩バター、牛乳、塩、強力粉を混ぜる。
5.4を電動ミキサーで7〜10分混ぜる。
6.生地を二等分する。
7.小さいボウルに溶かしたバター、塩、パセリ、にんにくを入れて混ぜる。
8.6の生地をそれぞれボール状にして、7にディップする。
9.8をちぎりパンの形にして、容器に入れてラップし、2倍の大きさになるまで、一時間ほど寝かせる。
10.180度のオーブンで30分、きつね色になるまで焼く。
11.オーブンから出して、7の余りをトップに塗ったら完成。
生地ができた後の形成は自由なので、いろんな形で作ってみてください。この時期、ピラミッド型にして、ツリーのようにするのも面白いですよね。

ちぎって食べると、ふわふわの食感と、食欲をそそるにんにくの香りが楽しめるちぎりパン。ぜひお試しください。

こちらの記事を参照しました

アイデア満載!ちぎりパンでこんなこともできちゃいます

3Dちぎりパン

小さくて可愛いリスが、身を寄せ合っていますね。これは可愛すぎて食べられない・・。

生地を仕上げたら、一度空気を抜いて、シフォン型を利用して、身を寄せ合うリスに形成します。2次発酵をさせたら、そのままオーブンで焼けば完成です。

表情や尻尾は、ココアか溶かしたチョコでかけるそうですよ。

ツムツムちぎりパン

今はやりのスマホゲーム「ツムツム」のブロックに見立てたちぎりパンです。

プーさんの黄色は、かぼちゃを生地に練りこんでいます。そして、ちぎりパン一個ずつ中身にチョコレートをひとかけら入れているそうですよ。

生地ができたら、耳の分を取り分けて、小さく丸めなおして、それぞれの生地の左右上部にくっつけ、2次発酵をさせたら、オーブンで焼き、表情をチョコペンで書けば完成です。

牛乳パックで うさちゃんのちぎりパン

こちらは、パン型を牛乳パックで代用した、とってもエコなアイデアのレシピです。

生地が完成したら、牛乳パックの縦長の部分を一面だけ切り取って型にし、そこに白い生地を体に、紫芋生地を顔にして配置し、そのままオーブンで焼き、ココアと食紅で顔を書けば完成です。

牛乳パックは、オーブンの熱に耐えられるんですね。これは活用できそうです。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS