意外と簡単!ちぎりパンの基本&アイデアレシピ15選

基本的なちぎりパンの作り方と人気アイデアレシピ15選をご紹介します。手捏ねで作るからふわもちでおいしく、簡単にできますよ。お惣菜を入れたり、かわいいキャラクターレシピなどもぜひ参考にしてみてくださいね。

ちぎりパンの基本レシピ

材料

強力粉……250g
砂糖……20g
ドライイースト……3g
牛乳……180cc
塩……3g
バター(無塩)……30g

下ごしらえ

・牛乳は40℃程度にあたためます。
・バターは常温に戻します。
・型にバターを塗ります。
・オーブンは190℃に予熱します。(2次発酵中に予熱を始めるのがオススメです)

作り方

1. ボウルに1/3量の強力粉、砂糖、イースト、牛乳を入れてイーストが溶けるまでヘラでよく混ぜ合わせます。

2. 残りの強力粉、塩を加えて混ぜ、ひとまとまりになったら台の上に取り出します。

3. 手で生地をひっぱるように伸ばしながら捏ね、バターを混ぜ込んでさらに捏ねます。

4. 表面がなめらかになるまでこねたら、生地を丸めてとじ目を下にしてボウルに入れ、ラップをかけて暖かいところに30〜40分置いて一次発酵させます。(生地が約2〜2.5倍の大きさになれば発酵完了です。)

5. パン生地を手で押さえてガスを抜き、打ち粉をした台に取り出して16等分し、丸く成形し、濡れ布巾をかけて10分ほど置きます。

6. 再びガス抜きをして生地を丸め直し、バターを塗った型に並べます。ふんわりとラップをかけ、生地が2倍の大きさになるまで30〜40分置いて二次発酵させます。

7. 190℃に予熱したオーブンで15〜18分焼き、焼き上がったら型から出して冷まして完成です♪

おいしく作るポイント

生地が水っぽくまとまらない場合は強力粉を、逆に粉っぽい場合は牛乳を少し足して耳たぶほどの柔らかさになるように調節してみてください。

パンを焼いた後、すぐに食べない場合は、完全に冷めてからラップで1個ずつ包んで、ジッパー付き保存袋などに入れて乾燥しないようにして保存しましょう。

中にお好みであんこやチョコなどを入れて、さまざまなバリエーションで楽しんでみるのもおすすめですよ!

【お惣菜】ちぎりパンの人気レシピ3選

1. お花のようでキュートな「サンドちぎりパン」

まるでリースのような「お花のウインナーとチーズのちぎりパン」。ウインナーをお花に見立てて簡単にもできるのがいいですね。お昼のランチにスープと一緒に作ったら、これだけで満足しそうです。シンプルだけど満足度の高い1品ですね♪

2. ワインに◎「明太マスカルポーネちぎりパン」

マスカルポーネと明太子を巻き込んだロールちぎりパン。それだけでもおいしそうなのに、仕上げにパルミジャーノチーズをたっぷりとかけたら……ワインのおつまみにぴったり。枝豆とコーンの色合いもよく映えます。

3. スキレットで「カマンベールちぎりパン」

スキレットで焼くちぎりパン。真ん中にハムを敷き、切り分けたカマンベールチーズを入れます。パンをちぎると、オーブンの熱でとろけたカマンベールチーズが一緒にとろーり。パーティーの主役になりそうな一品です。ぜひお試しあれ!

【お弁当】ちぎりパンの人気レシピ3選

4. 焼き時間は15分「トースターでちぎりパン」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ichika

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう