ビスケットに囲まれたスイーツ!シャルロットケーキの海外アイデアレシピまとめ

ケーキの回りをぐるっとフィンガービスケットやマドレーヌ、スポンジケーキ等で囲み、中はムースや生クリームたっぷりのおとぎ話に出てきそうなシャルロットケーキを作りませんか?ビスケットのサクサク感とクリーミィーな生地の組み合せは至福の一言です!

今さら聞けないシャルロットケーキとは?

シャルロットとは、女性の帽子に見立てて作ったお菓子で、パン、スポンジケーキ、クッキー、ビスケットを回りに囲み、中味はフルーツやチョコレート、ババロア、カスタードクリーム、生クリーム等を詰めて食べるのが一般的なケーキです。

お皿が帽子のつば、ケーキが頭の部分を現しているそうで、リボンを巻いて飾る方法が現在のシャルロットケーキの最もポピュラーなデコレーションの仕方になっています。

元々は熱いケーキだったようですが、19世紀初頭のパリの料理人のアントナン・カレームという人が、ロシア皇帝アレクサンドル1世に仕えていた時、ババロアを詰めた冷やしたシャルロットを考案したとも言われています。

シャルロットという名前の由来は諸説があり、イギリスの国王ジョージ3世妃シャーロットの名にちなんだとか(シャルロットはフランス語読み)、シャルロットという女性の帽子からとったとか、ゲーテの小説「若きウェルテルの悩み」の登場人物の名前からとったとかという説があるそうです。
それでは、このシャルロットケーキのアレンジレシピをご紹介しましょう。

1.イチゴのシャルロットケーキ

【バニラケーキのレイヤー】
ボールにバターと砂糖を入れ軽くなるまで泡立て、卵を少しずつ加えその都度よく混ぜ、植物油とバニラエッセンスを入れ混ぜます。
小麦粉、ベーキングパウダー、重曹、塩を別のボールに入れ混ぜ、バターのボールに入れます。牛乳を入れ、滑らかになるまで混ぜ、オーブンで焼き冷まします。

【イチゴのムース】
粗く刻んだイチゴをフードプロセッサーで回し、滑らかなピューレにします。
卵白をボールに入れ泡立てます。少しずつ砂糖と塩を入れ混ぜ続け、柔らかな角を立たせます。イチゴを入れ、固い角が立つまで泡立て冷蔵庫で冷やしておきます。

【ホイップクリームアイシング】
ボールに生クリーム、粉砂糖、バニラエッセンスを入れ、固く角が立つまで泡立て冷蔵庫で冷やします。

【盛りつけ】
大きなお皿にバニラケーキを敷きます。
イチゴを4つに切り、バニラケーキの表面に適当に散らします。
ストロベリームースを上に乗せ、20分以上フリーザーに入れ固めます。
固まったらバニラケーキを乗せ、全体にホイップクリームを塗ります。
フィンガービスケットをケーキの回りに並べ、リボンで結び、イチゴを飾ります。
冷蔵庫で冷やしてから食べます。

2.洋梨のシャルロットケーキ

洋梨、砂糖、塩、レモン汁をスキレットに入れ中火にかけ、時々混ぜながら梨が柔らかくなるまで10分程調理します。その後、強火にし、水分が蒸発するまで5分程調理し、火から下ろし常温になるまで冷まします。

ボールにバター、砂糖、シナモンを入れ滑らかになるまで混ぜます。
丸い耐熱容器の回りに並べるパンを細長く、容器よりも高くなるように切り、片面にバターシナモンシュガーをつけ、バターをつけた方を容器側にして並べ入れます。

洋梨のミックスを中に入れ押さえます。はみ出したパンを切りそろえます。
天板に容器を置き、175℃のオーブンで20分程焼きます。オーブンから出し5分冷まし、お皿の上に逆さまにして容器からケーキを取り出します。
お好みでカスタードソースをまわりにかけ、生クリームを添えます。

3.マンゴのシャルロットケーキ

pinit

pinterest like count 1096

pinterest comment count 1

ゼラチンをふやかしておきます。
マンゴのピューレとマンゴの賽の目切り、ライム汁、ライムの皮の擦り下ろしをボールに入れ混ぜます。ホイップクリームを固く泡立て冷蔵庫に入れます。
別のボールに柔らかくしたクリームチーズを滑らかになるまで混ぜ、砂糖を入れ混ぜ、ヨーグルトを入れ更に混ぜます。ホイップクリームを入れ混ぜ、ゼラチンを入れます。
最後にマンゴのミックスを入れ混ぜます。

スプリングフォーム型にフィンガービスケットを底とサイドに並べて入れ、生地を流し入れ冷蔵庫で3時間冷やします。

マンゴを賽の目に切り、ふやかしたゼラチンを混ぜ、ケーキにトッピングします。
2時間以上冷やします。

4.ティラミスのシャルロットケーキ

卵黄、砂糖を湯煎にかけながら混ぜ、湯煎からはずして更に混ぜます。
マスカルポーネチーズを卵黄のボールに入れ、よく混ぜます。
別のボールに生クリームを固く泡立て、ゆっくりとマスカルポーネのボールに加えます。

スプリングフォーム型にフィンガービスケットを並べます。エスプレッソとコーヒーリキュールにフィンガービスケットを軽くつけ、底に並べます。
マスカルポーネのフィリングをスプーンで入れます。4時間から一晩、冷蔵庫で冷やします。ココアパウダーとチョコレートのフレークをトッピングします。
ケーキが完全に固まってから型から出します。

5.ラズベリークリームのシャルロットケーキ

ラズベリーとレモン汁と砂糖を鍋に入れ、混ぜながら砂糖が溶け、ラズベリーが柔らかくなるまで煮て、こし器で漉します。
ラズベリーのピューレを鍋に入れ火にかけ、ふやかしたゼラチンを入れよく混ぜ冷ましておきます。生クリームを固く泡立てます。

冷めたラズベリーピューレの中に泡立てた生クリームを少しずつ入れていきます。
注意して混ぜ、フィンガービスケットを並べ入れたスプリングフォーム型に入れ、冷蔵庫で数時間冷やします。

マスカルポーネチーズとホイップクリーム、粉砂糖をボールに入れます。
柔らかい角が立つまで混ぜ、ラズベリーと溶かしたゼラチンを入れよく混ぜ、ピンク色にします。ラズベリームースの上に生地を入れ、冷蔵庫で一晩冷やします。

ケーキをお皿に乗せ、生のベリーを飾り、粉砂糖をかけます。リボンで巻きます。

6.マドレーヌのシャルロットケーキ

イチゴと砂糖を鍋に入れ煮詰め、イチゴを潰しこし器で漉し、ピューレ状にします。
ボールに卵黄と砂糖を入れ泡立てます。イチゴのピューレを加え、更に泡立てます。
卵黄とイチゴのピューレのミックスを鍋に戻し火にかけ、絶えず混ぜ、とろみをつかせます。

ふやかしたゼラチンをイチゴのピューレに入れ混ぜ冷まします。
ハンドミキサーで生クリームを柔らかめの角が立つ程度に泡立て、途中でバニラエッセンスを入れます。
イチゴのピューレが冷めたら、生クリームを二回に分けて入れ、滑らかでクリーミィなムースにします。

スプリングフォーム型にパラフィン紙を敷きます。
マドレーヌを半分の厚さに切り、型に並べて入れます。底にも入れます。
マドレーヌに砂糖シロップをブラシで塗ります。
注意しながらムースを半分程入れます。マドレーヌをムースの上に並べ、シロップを塗り、ムースを入れます。

冷蔵庫に3時間以上入れて固め、型から出しお皿に載せます。
お好みのフルーツをトッピングし、粉砂糖をふります。

7.みかんを添えたバニラのシャルロットケーキ

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう