ハロウィンに是非!キャラメルアップルのアイデアレシピ4選

アメリカ版のりんご飴ともいえる「キャラメルアップル」をハロウィンに作ってみませんか?りんごを1個丸ごとキャラメルソースでラッピングしたゴージャスな秋のスイーツです。アイデア・アレンジレシピをご紹介しますので是非一度トライしてみてくださいね。

「キャラメルアップル」って?

りんごを丸ごとキャラメルソースで包んだ、アメリカ版りんご飴「キャラメルアップル」(caramel apple)。アメリカではハロウィンのスイーツとして定番みたいですよ。日本ではハロウィンといいますと「かぼちゃ」がまず浮かびますが、アメリカではどちらかというと、りんごをよく食べるんですって。

上の写真は基本のキャラメルアップルですが、この上からいろいろなトッピングでりんごをドレスアップさせたりもするみたいです。アイデアレシピをご紹介しますね!

1、おばあちゃんのキャラメルアップル

レシピ考案者さんの家族で代々50年以上愛されているレシピ。一度このレシピを試したら、もう二度と普通のりんごは食べられず、キャラメルでコーティングしないと物足りなくなるんだとか。

1、りんご12個を洗ってスティックをさしておきます。シロップ1カップとコンデンスミルク400グラム、グラニュー糖2カップを鍋に入れ中弱火で熱して混ぜ続けます。115度程度の温度でキャラメルソース化したら火からおろして、数分冷まします。

2、再度数分熱しながらスティックにさしたりんごをキャラメルソースの中でくるくる回してコーティングしましょう。

3、最後にお好みでチョコレートを溶かしたものやナッツを細かく切ったものをコーティングして出来上がり!
こちらの記事を参照しました。

2、ゴージャスなキャラメルアップル

1、市販のキャラメルを電子レンジなどで溶かしてソース状にします。固まらないようにかき混ぜて様子を見つつ少しづつレンジで加熱してください。りんごはスティックをその間にさしておきます。

2、溶けたキャラメルにりんごをディップします。パーチメント紙にディップしたりんごは並べて、早くキャラメルを冷ますには冷蔵庫で寝かせるのがいいでしょう。

3、お好みでチョコチップや砕いたナッツをりんごの上半分や下半分にデコレートしましょう。ホワイトチョコを絞り袋に入れてデコレートしても素敵!冷蔵庫で2日間は保存できます。

ワックスで磨かれてきれいになっているりんごだとキャラメルソースがつきづらいので、その場合りんごは数秒間でも水につけておくといいそうですよ。
こちらの記事を参照しました。

3、ミニサイズでキュートなキャラメルアップル

りんご1個丸ごとじゃ多いな~って方におすすめです。りんごを小さく丸くくりぬいてスティックをさし、キャラメルソースを作っておきます。りんごは冷やさずに室温で。
こちらの記事を参照しました。

4、キャラメルアップルポップス

こちらはりんごをカットして使うレシピです。でも皮はむかないようにしましょう。

1、りんごは10分レモン汁を入れた水につけて変色を防ぎます。つけていた水は捨ててりんごを乾燥させてからスティックをさします。

2、中火で鍋を熱して、バター1カップとブラウンシュガー450グラム、コンデンスミルク400グラム、1カップのシロップと塩ひとつまみを入れ、沸騰して来たら混ぜ続けます。115度程度に鍋の温度が上がってきたらさらに2分間そのまま加熱して火を止めます。

3、火から鍋をおろして、バニラエッセンス小さじ1.5杯を加えます。数分冷ましてから慎重にスライスしたりんごをキャラメルソースでディップします。ディップするのは皮の部分だけにしましょう。

4、お好みでナッツ類やチョコレートも上からどうぞ。
こちらの記事を参照しました。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS