グリルじゃなくても大丈夫!魚をフライパンでおいしく焼く方法って?

皆さん、魚を焼くときは「グリル」でという方が多いのではないかと思いますが、グリルじゃなくても魚は焼けるみたいですよ。フライパンで焼ければ後片付けもスムーズで嬉しいですよね?今回はフライパンで魚をうまく焼く方法をご紹介したいと思います。

2016年2月14日 更新

え?魚を焼くのはグリルや網でじゃないの?

と思う方は多いんじゃないかと思いますが、フライパンでもOKみたいなんですよ。では今からそのコツみたいなものをご紹介したいと思います。フライパンで焼き魚ができれば後片付けも比較的楽だし、煙も出ないので助かりますね!

フライパンのほかに用意するのはキッチンペーパーと油です!

ということで、意外とシンプルですよね?ご家庭に普段あるもので十分OKなんですって。

まず、フライパンにうすく油をしきます。

油はオリーブオイルでもサラダ油でも構わないそうです。少なめにフライパンに注いでティッシュかキッチンペーパーで伸ばせば、フライパンにまんべんなく油が行き渡るのでなおいいでしょう。

魚を入れるときにフライパンにしっかりと身をつけましょう。

魚はできるだけフライパンに密着させて、浮かないようにおくのが大事です。魚の尾びれの部分が例えばそっていたりしてフライパンにくっついていないとその部分だけよく焼けていないということもあるので、注意しましょう。

また切り身の場合、皮の方から先に焼きましょう。そうしないと見た目があまりよくなくなりますので、焼き上がりで上の面になる側を先に焼きます。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう