グリルじゃなくても大丈夫!魚をフライパンでおいしく焼く方法って?

皆さん、魚を焼くときは「グリル」でという方が多いのではないかと思いますが、グリルじゃなくても魚は焼けるみたいですよ。フライパンで焼ければ後片付けもスムーズで嬉しいですよね?今回はフライパンで魚をうまく焼く方法をご紹介したいと思います。

え?魚を焼くのはグリルや網でじゃないの?

と思う方は多いんじゃないかと思いますが、フライパンでもOKみたいなんですよ。では今からそのコツみたいなものをご紹介したいと思います。フライパンで焼き魚ができれば後片付けも比較的楽だし、煙も出ないので助かりますね!

フライパンのほかに用意するのはキッチンペーパーと油です!

ということで、意外とシンプルですよね?ご家庭に普段あるもので十分OKなんですって。

まず、フライパンにうすく油をしきます。

油はオリーブオイルでもサラダ油でも構わないそうです。少なめにフライパンに注いでティッシュかキッチンペーパーで伸ばせば、フライパンにまんべんなく油が行き渡るのでなおいいでしょう。

魚を入れるときにフライパンにしっかりと身をつけましょう。

魚はできるだけフライパンに密着させて、浮かないようにおくのが大事です。魚の尾びれの部分が例えばそっていたりしてフライパンにくっついていないとその部分だけよく焼けていないということもあるので、注意しましょう。

また切り身の場合、皮の方から先に焼きましょう。そうしないと見た目があまりよくなくなりますので、焼き上がりで上の面になる側を先に焼きます。

強火は使わないようにしましょう!

フライパンで魚を焼くコツは強火で焼かないことです。中火以下にしてじっくり焼きましょう。焼き具合が気になってもむやみにひっくり返さず、じっと我慢の子で待つ...そうでないと魚も崩れてしまうので気を付けてくださいね。

焼きづらい横の面はどうすればいい?

魚の横の面はどうしても火が通りづらいですよね?そんなときにはトングやフライ返しでフライパンに立てかけて焼いたりするといいようですよ。

鮭やさんまなど脂がのった魚の場合は...

鮭やさんま、脂がのった魚の場合、火が通ると脂が出てきます。キッチンペーパーがここで大活躍!脂をふきとりながら焼くとパリッとおいしく焼き上がるんだとか。この際にふたをしながら焼けばふっくらした味わいになるそうですよ。

こまめに脂をとりながら、ふたもしておいしく魚を焼きましょう。

最近は魚焼き用のフライパンも出ているようですよ。

ちょっと形が細長いのですが、このフライパンだと焼き上がりもよく、片付けも楽だと皆さん大絶賛されています。アマゾンで購入できますので(通常配送無料)興味のある方はサイトに行ってみてくださいね。
これからさんまやイワシなどお魚もおいしい時期です。上手にフライパンで焼いて体にもいい魚をたくさん食べましょう!

特集

SPECIAL CONTENTS