ライター : meiko

丸の内で働いているOLデス。おいしいもの大好き。スイーツ系から、都内デートや合コンで使えるお店を紹介していきます。

日本酒が進む!

この記事は、お酒のエンタメ情報サイト「NOMOOO(ノモー)」の提供でお送りします。
生姜の効いたおつまみって、日本酒にピッタリだなぁと思っている私。入れるならとことん!効かせるならとことん!と言うことで、今回一個まるごと生姜を使っています。 こちらのおつまみ、目指しているのは『レバーの生姜煮』です。デパ地下などのお惣菜屋さんでおいしく炊かれたレバーを買ったりすると、お家でも作りたいなぁーと思うのですが、下処理や仕上げなど…なんとなくハードルが高く感じるので、鶏もも肉を使って簡単にデパ地下のお惣菜風作ってみました。

材料

鶏もも肉 300グラム 生姜 1個 酒 大さじ3 しょうゆ 大さじ3 みりん 大さじ3 白ごま 適宜 ゴマ油 適宜
飲みたくなるお酒  日本酒

作り方

① 生姜を切る。
ボコボコしてなくて、切りやすそうな形のものを買ってくるようにしています。 スライスして縦に、千切り。
② 合わせダレをつくる。
酒から下の材料と、千切りにした生姜を合わせる。
③ 鶏肉に下味をつける。
鶏肉を一口大に切って、分量外の塩こしょうと片栗粉をまぶす。ビニール袋の中でやるとやりやすいと思います。
④ 合わせダレに入れる。
片栗粉をはらって合わせダレにいれる。 時間があれば1時間ほど漬けておくと、よりシミシミおいしくなるかもです。10分くらいでもいいのではないかと思います。 ラップの落しぶたで密着させておきます。
⑤ 焼く。
合わせダレはそのまま、なるべく生姜もよけて、鶏肉をフライパンで焼きます。 焦げやすいのでころころしながら全体をしっかり焼きます。
しっかりしっかり焼きます。最後に合わせダレをいれてからはあまり火をいれたくないので、タレを入れる前にしっかり焼きます。
しっかり焼けたら、合わせダレを入れて強火で絡めて完成!!
鶏肉にまぶした片栗粉がタレに溶け込んでいるので、火を入れるとタレにとろみが出て鶏肉に絡みつきます。最後にゴマと一味唐辛子をお好みでどうぞ。 合わせダレにつけておくまですれば、あとは焼くだけ!これってからあげにしてもおいしいと思うんです! 思いっきり生姜を効かせた鶏肉のおいしさをぜひぜひ日本酒に合わせて頂いてみてください。
【提供元】
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ