シンプルisベスト!アメリカの大人向きお弁当がすごすぎる

健康志向の人が増えてきたアメリカで、職場のランチにお弁当を持参する人が増えてきました。肥満解消の目的もあるようですが、その内容はどんなものか興味深いですよね。どうやら、日本のお弁当とはかなり違っているようです。

2019年3月29日 更新

4. 小エビのカクテルランチ

小エビとカクテルソース、みかん、ブドウ、イチゴとクラッカー、チョコレート。ランチというより、おやつっぽいお弁当ですね。

5. チキンサラダランチ

チキンとイチゴ、フェタチーズ、きゅうり、ほうれん草のサラダとリンゴ、そして枝豆クラッカーです。炭水化物は、このクラッカーのみです。

6. 残り物の鮭ランチ

鮭、オリーブ、アボカド、ブルーベリー、そしてパワーバー。鮭は、前夜の残り物を詰めているようです。残りおかずを詰めるのは、日本でもよくやる手段ですよね。

7. オムレツランチ

チーズオムレツ、アスパラガス、チーズにブドウ。メインのオムレツより、アスパラガスのほうが目立ちます。

8. キヌアランチ

キヌアと豆のサラダにトマトとアボカドを添え、パイナップルとブルーベリーをつけ合わせたランチです。

9. ゆで卵ランチ

ピタブレッド、アーモンド、りんご、チーズにゆで卵、チェリー1個。こちらのお弁当のメインは、ゆで卵でしょうか。

特集

FEATURE CONTENTS