極上のクリーム♡ムスリーヌクリームをマスターしよう♪

ムスリーヌクリームはカスタードクリームとバタークリームの丁度中間に位置するクリームで、生のバターがたっぷり入ったリッチな味わいのクリームです。このヌスリーヌクリームをシュークリームに使うと、新鮮でリッチなシュークリームが味わえますよ。

2015年4月11日 更新

ライター : TK

海外に住んでいるので外国のレシピをメインに記事を書いています!

ムスリーヌクリームとは?

ムスリーヌクリームとはフランス語でcreme mousseline、クレーム ムスリーヌと呼ばれ、カスタードクリームにバターや香料等を加えたもの。 カスタードクリームとバタークリームのちょうど中間的なクリームで、シュークリームやロールケーキ、ミルフィーユ、フランス版イチゴショートケーキに使われます。

極上のムスリーヌクリームの作り方

【材料】
●牛乳....2カップ(480ml) ●卵黄....4個分 ●グラニュー糖....80g ●中力粉....30g ●コーンスターチ....30g ●バニラエッセンス....小さじ2 ●塩 ●無塩バター....75g ●無塩バター....柔らかくしたもの75g
【作り方】
1.厚底の鍋に牛乳2カップを入れ、弱火で温めます。 2.ボールに卵黄とグラニュー糖を入れクリーム状にします。 3.2に中力粉とコーンスターチを入れて滑らかになるまで混ぜます。 4.3にバニラエッセンスと塩少量を加えます。
5.温めた牛乳の1/4の分量を4に入れ混ぜ合わせ、温めた牛乳の鍋に移します。 6.5を中火で常にかき混ぜながら沸騰させます。沸騰しはじめたら、クリームにとろみがつくまでかき混ぜ続けます。
7.火を止め、75gの無塩バターを入れ混ぜます。耐熱容器に移し冷まします。 8.柔らかくした無塩バター75gをクリーム状に泡立てます。 9.7が常温にまで冷めたら8を入れ滑らかになるまで混ぜます。
バニラビーンを入れる場合は、鞘を半分に切り、ナイフの先で出来るだけ多くの種を掻きだします。掻きだした種を牛乳に入れます。
生のバターが入っているとてもデリケートなクリームで、繊細な味が生きています。シュークリームに入れて、極上のクリームを堪能してみたいですね。 保存は冷蔵庫に入れて24時間以内に使い切って下さい。

特集

FEATURE CONTENTS