ライター : Asaki

webライター

6Pチーズ公式アカウントが最強アレンジを公開

小腹がすいたときや、サラダのトッピングなどにも重宝する6Pチーズ。冷蔵庫に常備している方も多いのではないでしょうか。

先日、雪印メグミルク6Pチーズの公式Twitterアカウントが「おやつにもおつまみにもぴったりな最強アレンジ」を公開。焼いたチーズにはちみつをかけたひと品で、「おいしすぎてやめられなくなるので食べ過ぎ注意」と推しています。

チーズとはちみつの組み合わせが好きな方は気に入ること間違いなし!この記事では、くわしいレシピと作る際のポイントをご紹介します。

材料(2~3人分)

Photo by Asaki

・6Pチーズ……1箱
・はちみつ……適量

作り方

1. フライパンでチーズを焼く

Photo by Asaki

フッ素加工のフライパンにチーズを並べ、強火で焼きます。フッ素加工フライパンがない場合は必ずクッキングシートをしきましょう。

小さめのフライパンで焼く場合は、裏返しやすいように2~3個ずつ焼くのがおすすめです。火が弱いとチーズがどろどろと溶けてしまうので、強火で両面に焼き色をつけていきます。

Photo by Asaki

チーズは、クッキングシートにのせても裏返しにくい場合があります。その際はクッキングシートの端を持ち上げ、ヘラなどでチーズをそっとはがしましょう。火傷に注意してくださいね。

2. はちみつをかける

Photo by Asaki

チーズをお皿に並べ、はちみつをかけたら完成です。

とろりとした食感とはちみつの風味がベストマッチ

Photo by Asaki

両面しっかり焼いたことで中だけちょうどいい具合にとろけています。濃厚なチーズがはちみつと相性抜群で、香ばしさもプラスされ、まさにおつまみにぴったりの味。パクパク食べるというよりは、じっくりマリアージュを楽しみたいひと品です。ロールパンにはさんだり、バゲットにのせて食べてもおいしそう。

少し経つとチーズが冷めて固くなるので、すぐに食べる分だけ焼くのがおすすめ。固くなってしまったら、電子レンジで20~30秒温めればやわらかくなりますよ。

おつまみに困ったら6Pチーズにおまかせ

Photo by Asaki

チーズとはちみつ好きにはたまらない、6Pチーズ公式のアレンジレシピ。たった2つの材料でおしゃれなおつまみが作れるのはうれしいですね。これからおつまみに困ったら、6Pチーズに頼りたいと思います。

ちなみに、「6Pチーズ」の読み方は「ロッピーチーズ」が正解。「ロクピー」と読まれることが多いそうで、「いまだに驚かれる」「本名で呼んでもらえない」という公式アカウントの呟きが話題になっていました。

そんなロッピーチーズ公式がおすすめする最強アレンジを、みなさんもぜひ試してみてくださいね!
おすすめの記事はこちら▼

編集部のおすすめ