ライター : 菅 智香

育児料理アドバイザー

育児料理アドバイザー、食育インストラクター。子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案。

使い勝手抜群!業務スーパーの「白身魚のフィレ(パンガシウス)」

Photo by 菅 智香

業務スーパーの冷凍コーナーで販売されている「白身魚のフィレ」は、ベトナム産でクセの少ないパンガシウスが冷凍状態でふた切れ入っています。内容量は500g、税込483円で販売されていますよ。

白身魚のフィレの特徴

ひと切れの値段は約240円

Photo by 菅 智香

業務スーパーの「白身魚のフィレ」は大きなサイズの白身魚がふた切れ入っています。ひと切れのなかで先端と中央部分で厚みは異なりますが、厚い部分でおよそ2cm程度。ひと切れあたりの重さはおよそ250g前後、値段は241.5円とコスパの良い商品です。

使用されている魚は「パンガシウス」

業務スーパーの「白身魚のフィレ」には、ベトナム産のパンガシウスという魚が使用されています。パンガシウスとは東南アジアに広く生息する大型のナマズで、淡白な風味が特徴です。近年では食用魚として世界中で親しまれていますよ。

白身魚のフィレの栄養成分と賞味期限

Photo by 菅 智香

・エネルギー……61kcal
・たんぱく質……13.7g
・脂質……0.6g
・炭水化物……0.2g
・食塩相当量……1.1g

賞味期限は未開封の状態でおよそ1年半程度です。

白身魚のフィレの調理方法と味わいは?

Photo by 菅 智香

白身魚のフィレは完全解凍するとドリップとともに風味や旨味が流出してしまいます。使用する際は冷凍の状態で別容器に移し、完全解凍ではなく半解凍にしてから調理するとおいしく食べられますよ。

Photo by 菅 智香

白身魚のフィレを半解凍させるとドリップと呼ばれる液が出てくるため、少し深さのある容器に移してから解凍するのがおすすめです。ドリップは臭みの原因になるので必ずペーパータオルで拭き取ってから調理に移りましょう。

シンプルに焼いて実食!

Photo by 菅 智香

業務スーパーの白身魚のフィレはひと切れでかなりのボリュームがあります。フライパンで焼くだけで身はふっくらと仕上がり、臭みもないのでおいしく食べ切れます。シンプルな味わいだからこそ、いろいろな料理に使えそう!

筆者流のおすすめの食べ方を紹介します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ