ライター : ヤマモトマコ

製菓衛生士・現役パティシエール

パティシエールとして菓子作りや商品開発に従事しています。数年前に一念発起し進学した大学院で、自分の考えや知識をシェアする大切さを実感。その後ライター業を開始しました。現役パ…もっとみる

もう失敗しない!ロールケーキの巻き方を徹底解説

Photo by ヤマモトマコ

ロールケーキは巻き方ひとつで見栄えが劇的に変わります。コツを押さえてお店のようにきれいな「の」の字ロールケーキを作りましょう。ご紹介するフルーツ入りロールケーキの巻き方をマスターすれば、プレーンロールケーキも上手に巻くことができるようになりますよ。

この記事で分かること

  1. プロが教える割れない巻き方のコツ
  2. 巻き方と生地の種類の関係性
  3. カットしたとき美しい断面に仕上げるコツ
  4. 立体的に巻くポイント
  5. ロールケーキを巻くときに便利な道具

巻き方は2種類。外巻き・内巻きの違い

Photo by ヤマモトマコ

左が外巻き、右が内巻き
ロールケーキの巻き方には、焼き目を外側にして巻く「外巻き」と、焼き目を内側にして巻く「内巻き」の2種類があります。

焼き色が付いた表面部分は水分量が少ないため、外巻きすると割れたり焼目がはがれたりしてしまうことも。そのため、外巻きはロールケーキに何度かチャレンジしたことのある中級者以上の方におすすめです。逆に内巻きは弾性のあるフワフワ生地が外側に来るので、巻きやすく初心者さんでもチャレンジしやすいですよ。

ご紹介するのは外巻きですが、基本的に巻き方のコツやポイントは一緒です。内巻きでロールケーキにチャレンジする方もぜひご紹介する巻き方を参考にしてくださいね。

巻き方

下準備

Photo by ヤマモトマコ

ロールに入れるフルーツをカットします。いちごはロールの芯にするため丸ごと入れるので、ヘタをとればOKです。キウイと黄桃はくし切りにし、サイズ感をそろえておきます。ロールケーキをカットしたときにもフルーツのサイズがそろうので、美しい仕上がりになりますよ。

Photo by ヤマモトマコ

生クリームとグラニュー糖を合わせたシャンティクリームをホイップします。必ず氷水を当てておこないましょう。

Photo by ヤマモトマコ

生クリームは8~9分立てのしっかりした状態までホイップします。やわらかいとロールケーキが潰れる原因に。時間が経つとクリームは少しやわらかくなるので、使う直前に固さを再度チェックすることが大切です。

1. 生地の端をカットする

Photo by ヤマモトマコ

ベーキングシートにのせた生地を、すべり止めのシリコンマットの上にセットします。シリコンマットがない場合は、作業台を巻く直前に濡れ布きんで拭いてもすべり止めになりますよ。

Photo by ヤマモトマコ

生地の手前側と奥側の端を、写真のように斜めにカットします。「の」の字の始まりと巻き終わりのおさまりが良くなり、すっきりして見えます。また、生地よりもベーキングシートを2~3cmほど長く切っておきましょう。巻くときにベーキングシートを持ちやすくなりますよ。

Photo by ヤマモトマコ

生地の端を斜めにカットした状態のアップがこちらです。

2. クリームをナッペする

Photo by ヤマモトマコ

しっかりホイップしたクリームを生地にのせます。写真のように手前を多め、奥を少なめに、クリームを分散してのせるとナッペしやすいですよ。

Photo by ヤマモトマコ

パレットナイフを使い手前を厚く、奥を薄めにナッペします。写真のようにいちごを置く部分のクリームを特に厚く、山のようにしておきます。

3. フルーツをのせる

Photo by ヤマモトマコ

山のようにナッペしたクリームの頂上部分にいちごを埋め込みます。写真のようにしっかり埋め込めば、芯になるいちごが動きにくく巻きやすくなります。いちごの大きさにもよりますが、手前からたいだい4~5cmの場所に置いてください。

Photo by ヤマモトマコ

キウイは生地のだいたい中央部分、黄桃はキウイの3cmほど奥にのせます。それぞれのフルーツをすき間がないように並べてください。

Photo by ヤマモトマコ

定規を活用して巻いていきます。

Photo by ヤマモトマコ

写真のようにベーキングシートと定規を一緒に持って巻きます。

Photo by ヤマモトマコ

生地を持ちあげるようにして巻き、写真のようにいちごが半分ほど隠れる場所で一度ギュッと押さえます。

Photo by ヤマモトマコ

生地を持ち上げるようにして奥に向かって巻いていきます。

Photo by ヤマモトマコ

写真のようにシリコンマットを一緒に持って巻くのもOK。すべりにくいだけでなくロールケーキの真ん中がたわみにくいので、落ち着いて巻くことができます。

Photo by ヤマモトマコ

生地の端がロールケーキの一番下にくるところで巻き終わります。

Photo by ヤマモトマコ

定規を使って上部のベーキングシートをロールの下で押さえ、下部分のベーキングシートを奥に引っ張りロールケーキを締めます。左右の太さを確認し、均一になるように締めて整えましょう。

Photo by ヤマモトマコ

側面のはみ出したクリームはパレットナイフでロールケーキの内側に押し込んでください。カットしたとき、クリームの中にすき間ができるのを防げます。

Photo by ヤマモトマコ

ベーキングシートごとラップでピッタリと包み、冷蔵庫で1~2時間しっかり冷やします。

Photo by ヤマモトマコ

しっかり冷やしたロールケーキを、お湯であたためた切れ味の良いナイフでカットします。カット幅は、フルーツの存在感とみずみずしさを存分に味わえる3~4cmがオススメです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ