ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

シェフ直伝。市販品で作るおうち史上最高のハンバーガーレシピ

Photo by akiharahetta

子供から大人までみんな大好きなメニュー「ハンバーガー」。専門店も多く、ファストフードでは手軽に買えるため、意外に自分で作ったことなかったりしますよね。

自宅で最高においしいハンバーガーを食べるべく、市販食材で「究極のハンバーガー」作りに挑戦!ミシュランひとつ星を3年連続獲得する、代々木上原にあるレストラン「sio」の鳥羽周作シェフ考案のレシピをご紹介します。

特別な材料や道具は必要なし、フライパンひとつで作れるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

Photo by シズる株式会社

シェフ/鳥羽周作さん
Jリーグの練習生を辞め、小学校の教員を経て、32歳で料理人の世界へ入門するという異色の経歴をもつ。2018年7月、sioをオープン。現在は新店舗を展開、商品開発やテレビ出演など多方面で活躍。

材料(2人分)

Photo by akiharahetta

調理時間:15分
・市販のバンズ……2個
・合いびき肉……160g
・レタス……1枚
・トマト(0.7cmの輪切り)……2枚
・玉ねぎ(1cmの輪切り)……2枚
・ピクルス……1本
・塩(肉の1.2%)……2g
・粒マスタード……小さじ2杯
・マヨネーズ……小さじ4杯
・ケチャップ……小さじ3杯

※バンズの指定はありません

作り方

1. レタスとトマトの準備

Photo by akiharahetta

どの順番で作るのが正解なのか悩んでしまいがちなハンバーガー。効率よく作るためには、野菜からスタートするのがおすすめ。

洗ったレタスの葉を半分にちぎり、バンズの大きさに折りたたみます。その上にスライスしたトマトをのせたものを2セット作りましょう。

2. 合いびき肉を粘りが出るまでこねる

Photo by akiharahetta

続いてハンバーガーの要、パティの下地作りです。ボウルに合いびき肉を入れ、塩を加えてよくこねてください。ポロポロとしていた合いびき肉に粘りが出て、手にくっつくくらいまでこねるのがポイント。

3. フライパンでバンズを焼く

Photo by akiharahetta

バンズを半分にスライスし、フライパンで焼いていきます。油をひく必要はありません。両面を返しながら、カリっとするまで焼きましょう。

トースターで焼くよりも早く焼き上がりますよ。

4. 玉ねぎを焼き始め、バンズに味を付ける

Photo by akiharahetta

バンズをフライパンから取り出したら、すぐに玉ねぎを焼き始めます。と、同時にバンズに味付け、粒マスタードとマヨネーズを塗ります。

見てくださいバンズの焼き色!専門店のハンバーガーのバンズって、こんな感じで焼き目がついていますよね。おいしさの秘訣です。
Photos:12枚
白い皿にのったハンバーガー
腕を組んでいる男性
材料の真俯瞰
レタスとトマト
ひき肉をこねている
丸パンを焼いているところ
粒マスタードが塗られている
つまようじを刺したスライス玉ねぎとひき肉パティをフライパンで焼いている様子
焼いている様子
ケチャップを塗っている様子
手に持ったハンバーガー
パンとマスタード
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ