3. ふわっと甘い。はちみつ白湯

甘いものが好きな人は、はちみつ白湯がおすすめです。カップ1杯に対し、はちみつは小さじ1杯が目安。入れすぎるとカロリー過多になってしまうので、気をつけましょう。はちみつのやわらかい甘みが、じんわり染み渡りますよ。

取り入れやすい方法で白湯生活を

白湯とは一体どんなものなのか、さまざまな観点からご紹介しました。作り方ひとつとっても、さまざまな方法があります。白湯を生活に取り入れようと考えている人は、ぜひ自分に合ったやり方を模索してみてください。

白湯生活を送るうえで “こうしなければいけない” というルールはないので、注意点だけ意識して、自然に組み込んでみてはいかがでしょうか。
【参考文献】
(2022/03/05参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ