白カビ

カマンベール

フランス・ノルマンディー地方が発祥の地である、カマンベール。「カマンベール・ド・ノルマンディー」が本場のものです。分厚い白カビをまとった表皮を持ち、中身はやわらかく食べごたえのあるチーズ。

そのまま食べるのはもちろん、オーブンで焼いてトロッとしたカマンベールを、バゲットにつけて食べてもおいしいですよ。

ブリ・ド・モー

ブル・ド・モーは、直径約36cmもある大きな白カビチーズ。フランスの代表的なチーズで、ウィーン会議(1814〜1815年)で「チーズの王」に選ばれたことでも有名です。

熟成が進むと、中身がとろっとして、複雑な風味を楽しめます。カットして販売されていることが多いので、熟成度を確認して購入するのがおすすめです。若いものは、中央に芯と呼ばれる白い線のような塊があり、熟成が進んでいると芯がありません。お好みで選んでみてくださいね。

青カビ

ゴルゴンゾーラ

ゴルゴンゾーラは、牛乳から作られるイタリアの有名な青カビチーズです。ゴルゴンゾーラには、やわらかくてマイルドな味わいの「ドルチェ」と、硬めで青カビの風味がしっかりしている「ピカンテ」の2種類があります。食べ比べると、違いが分かって面白いですよ。

ゴルゴンゾーラは、料理に使うのもおすすめ。パスタや肉料理のソース、クッキーやケーキなどのデザートに使えばインパクトのある味わいが楽しめます。

ロックフォール

ロックフォールは、羊乳を使用するフランス産の有名な青カビチーズ。羊乳独特なミルクの甘味と、洞窟で熟成させることで生まれる複雑な風味が特徴的です。

青カビチーズのなかでも個性的なチーズで、青カビのピリッとした味わいや複雑な風味を、しっかり味わいたい方におすすめ。はちみつをかけると、マイルドな味わいになりますよ。

シェーブルタイプ

「シェーブル」とは、フランス語でヤギの意味。したがって、シェーブルタイプは、山羊乳を使用して作られたものです。山羊乳の独特な風味が特徴的なチーズですよ。熟成が若いうちは、さわやかな味わいですが、熟成が進むに連れて酸味はまろやかになり、より複雑な風味に変化します。

サント・モール・ド・トゥーレンヌ

フランス産の薪のような、細長い形をしたシェーブルチーズです。型くずれしないように、中心に藁を入れて熟成しています。まわりには、木炭がまぶされているので、表面がグレー色なのが特徴的です。サラダのトッピングや、グリルにしてもおいしく食べられますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ