Q. サラダ菜はダイエット中に食べても良い?

サラダ菜はダイエット中にも意識して摂りたい食材です。先ほどご説明した通り、サラダ菜は糖質量が少なく、また低カロリーな野菜だからです。また、ビタミンやミネラル類も豊富に含まれており新陳代謝を助ける作用があるので、身体のコンディションを整えてくれます。そのため、ぜひおすすめしたい食材です。(※13,14)

Q. サラダ菜は加熱すると栄養がなくなる?

サラダ菜は、加熱すると一部の栄養素が損失してしまうおそれがあります。なぜなら、ビタミンKやE、β-カロテンは脂溶性ビタミンといって熱に強い性質をもっているからです。逆に葉酸は水溶性ビタミンに分類され、熱に弱く水に溶けやすい性質をもっています。そのため、できるだけ加熱時間を短くすることで、栄養素がなくなってしまうのを最小限に抑えることができます。(※6,15)

Q. サラダ菜とサニーレタスはどう違う?

レタスには結球タイプのヘッドレタスと、結球しないタイプのリーフレタスとが存在します。サラダ菜やレタスは前者のヘッドレタス、サニーレタスは後者のリーフレタスに分類されるのが大きな違いです。このリーフレタスは丸い形ではなく葉先が縮れ、カールしているのが特徴的です。

サラダ菜の栄養を活かす食べ方

カットする前に洗う

サラダ菜はカットしてから水洗いすると、洗っているときに切り口から水溶性ビタミンが流出してしまいます。ですので、カットする前にサラダ菜を水で洗うことで、水溶性ビタミンの流出を減らすことができますよ。(※16)

油と一緒に食べる

前述したとおり、サラダ菜には脂溶性ビタミンが豊富に含まれています。脂溶性ビタミンは、油と一緒に食べることで体内へ吸収されやすくなります。油を使う炒め物にしたり、ドレッシングやマヨネーズをかけて食べたりすると、効率的よく栄養素を摂取できます。ただし、かけすぎは塩分過多となってしまうのでくれぐれもご注意ください。(※17)

魚やチーズと一緒に食べる

サラダ菜に含まれるビタミンKには、カルシウムの吸収を助けるはたらきがあります。そのためカルシウムを多く含むチーズと一緒に食べることで、体内へのカルシウム吸収率がアップしますよ。魚のなかでも特に骨ごと食べられるちりめんじゃこやいわし干し、しらす干しなどはカルシウムが豊富なので一緒に食べることをおすすめします。(※18)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ