ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

15分で完成!キャベツとしらすのオイル蒸し

野菜の魅力を引き出すレシピが人気の旬菜料理家の伯母直美さん。【キャベツの使い切りレシピ】の連載では、そんな伯母さんに手軽に作れるキャベツ料理を教わってきました。

最終回となる今回ご紹介いただいたのは「キャベツとしらすのオイル蒸し」。簡単なのに素材のおいしさを引き出せるオイル蒸しは、旬の食材を味わうにはぴったりの調理法ですよ。

Photo by macaroni

旬菜料理家・管理栄養士/伯母直美さん 東京郊外で野菜の収穫体験ができる料理教室「暮らしのRecipe」を主宰。現在は企業や雑誌などのレシピ開発、テレビ・ラジオ出演など幅広く活躍している。食材を無駄なくおいしく使い切るノウハウや、旬野菜の魅力を引き出す簡単レシピが人気。著書に『野菜を使いきる。』(主婦と生活社)、『冷凍うどんアイデア帖』(東京書店)など

Photo by macaroni

調理時間:15分

「無水調理でおこなうオイル蒸しは、余分な水分が出ないため、野菜の旨味を残しやすいのが魅力です。今回はホーロー鍋を使いますが、普通のフライパンでも作れるのでぜひ試してみてくださいね。

このオイル蒸しはそのままごはんのおかずにしてもいいし、パスタと絡めてもおいしく食べられます。最近ハマっているのは、平たいお皿にごはんを盛って、このオイル蒸しと納豆、温玉をトッピングする食べ方!ひと皿で食物繊維やタンパク質などさまざまな栄養素が摂れますよ。

お弁当やランチ、夕食などさまざまな場面で使えるので、常備菜として大量に作っておくと便利だと思います。水で戻した乾燥わかめを混ぜ合わせて、かさ増しする方法もおすすめです!」

材料(2人分)

・キャベツ……1/4玉(250g)
・まいたけ……1/2パック
・しらす……大さじ3杯
・赤唐辛子……1本
・にんにく(みじん切り)……1かけ
・オリーブオイル……大さじ2杯

下ごしらえ

・キャベツはざく切りにしておく

・しめじは小房に分ける

作り方

1. しらすを炒める

Photo by macaroni

鍋にオリーブオイルと唐辛子、しらすを入れ、中火にかけます。

「しらすはパチパチと音が鳴り、油が全体にまわるまで炒めましょう。しっかり炒めるとカリっとした食感になり、料理にアクセントを与えてくれます。唐辛子は1本を丸のまま入れると、香りがよく出て風味もよくなりますよ」

2. 鍋に入れて加熱する

Photo by macaroni

しらすに油がまわったら、キャベツ、まいたけ、にんにくを入れて、全体を混ぜ合わせます。

「にんにくは最初ではなく、途中の段階で入れると焦げないのでおすすめです。オリーブオイルを入れたら、よく食材に絡ませるのもポイント。オリーブオイルが全体に行き渡ると食材に均等に火が入り、短い加熱時間でも仕上がりがよくなります」

Photo by macaroni

フタをして1〜2分蒸します。

「キャベツがしんなりとしたら完成です。キャベツがお好みの固さになるよう、蒸す時間を調節してみてくださいね」

しらすの塩気が利いて、おつまみにもぴったり

Photo by macaroni

鍋のフタを開けるとにんにくの香りが一気に広がり、食欲が刺激されました。しらすのカリカリっとした食感と塩気、にんにくの風味がキャベツによく合い、箸が止まらない味わいです。

「ごはんのお供にもぴったりですが、お酒にも合いますよ!しらすの代わりにコンビーフを使うのもおすすめ。旨味たっぷりに仕上がるので、ぜひ試してみてください」と伯母さん。

酔っぱらいながらでも作れそうな簡単レシピ。調理工程も少ないので、あとひと品足りないときにも重宝しそうです。

編集部のおすすめ