ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

パパっと作れる!キャベツとしっとり鶏肉のうま塩炒め

旬の食材使いに長けた旬菜料理家 伯母直美さんに教わる【キャベツの使い切りレシピ】。3品目にご紹介いただいたのは「キャベツとしっとり鶏むね肉のうま塩炒め」です。

甘みの強い春キャベツと、旨味をぎゅっと閉じ込めた鶏むね肉の相性は抜群!ごはんがどんどん進む味わいで、お弁当のおかずにもぴったりです。鶏むね肉をやわらかく仕上げる、伯母さんならではのテクニックにも注目してみてください。

Photo by macaroni

旬菜料理家・管理栄養士/伯母直美さん 東京郊外で野菜の収穫体験ができる料理教室「暮らしのRecipe」を主宰。現在は企業や雑誌などのレシピ開発、メディア出演など幅広く活躍している。食材を無駄なくおいしく使い切るノウハウや、旬野菜の魅力を引き出す簡単レシピが人気。著書に『野菜を使いきる。』(主婦と生活社)、『冷凍うどんアイデア帖』(東京書店)など

Photo by macaroni

調理時間:20分

「葉がやわらかいぶん、加熱時間が短く済む春キャベツは、時短調理に向いている食材です。調理がラクなので、私も毎年必ず炒め物にして味わっています。

今回はそんな春キャベツの炒め物をより手軽に楽しめるよう、少ない調味料で作れるレシピをご紹介します。鶏むね肉にはあらかじめ下味をしっかりつけるので、仕上げの味付けは塩こしょうのみでOK!ほんのりとした塩気によって春キャベツの甘味が際立つようになります。

鶏肉と春キャベツを一緒に頬張れば、口の中で鶏肉のしっかりとした味わいとキャベツの甘みのコントラストが感じられるはずです。全体的に濃い味つけにすると口が飽きてしまいがちですが、このレシピなら最後までパクパクと食べられます」

材料(2人分)

・キャベツ……1/4玉(250g)
・しめじ……1/3パック
・鶏むね肉……1/2枚(150g)
a. 塩……小さじ1/3杯
a. こしょう……少々
a. 酒……大さじ1杯
・片栗粉……大さじ1杯
・にんにく(みじん切り)……1かけ
・サラダ油……適量
・塩……少々
・こしょう……少々

下ごしらえ

・キャベツはざく切り、しめじは小房に分けておく

・鶏むね肉はそぎ切りにする

作り方

1. 鶏むね肉に下味をつける

Photo by macaroni

保存袋に鶏肉を入れたら(a)を加えてもみこみ、下味をつけます。さらに片栗粉をまぶします。

「下味をしっかりつけつつ、鶏むね肉をやわらかく仕上げるために、このひと手間が肝心です。一番のポイントは片栗粉!片栗粉で膜を作ることで鶏の水分や旨味を逃がさず、加熱してもしっとりとした状態をキープできます」

2. 鶏むね肉を炒める

Photo by macaroni

フライパンにサラダ油を入れ、1を並べて中火にかけます。

「炒めるときは、鶏むね肉を並べてから火をつける“コールドスタート”が大事!加熱したフライパンに入れると、鶏むね肉に一気に火が入ることで水分が抜けやすくなり、肉質が固くなってしまいます。徐々に熱を加えれば水分の蒸発を防げますし、焦げる心配もありませんよ」

Photo by macaroni

肉の色が白く変わったら裏返し、両面焼けたら、お皿に取り出します。

「鶏むね肉をやわらかく仕上げるには、とにかく火を入れすぎないこと。一旦お皿に取り出して、野菜を炒めてから戻すことで、加熱時間を短くできます。あとで再加熱するので、この段階では中まで火が通ってなくても大丈夫ですよ」

3. 野菜を炒める

Photo by macaroni

2のフライパンににんにくとサラダ油を熱し、キャベツとしめじを強火で炒めます。

「強火でささっと短時間で炒めましょう。加熱時間が短ければ余計な水分が出るのを防げますし、シャキッとした歯ごたえを残せます。

また、最初にキャベツにしっかり油をまとわせるのも大事。表面がほどよくコーティングされることで、野菜に火が通りやすくなります。野菜の水分が逃げづらくもなるので、べちゃっとした仕上がりになるのを防げますよ」

Photo by macaroni

キャベツがしんなりしてきたら2の鶏むね肉を戻し入れます。

編集部のおすすめ