4. つゆが温まったら味噌を溶き入れ、味を調える

Photo by 合田和弘

つゆが温まってきたら合わせ味噌を溶かし入れます。味噌の量はお好みですが今回は大さじ山盛り1杯。味を見て、味噌や塩で味を調えます。うどんを加えるので、気持ち濃いめにしてください。

「僕が使っているのは九州の米と麦の合わせ味噌。ほんのり甘い味噌で、九州にいったときにまとめ買いしています。八丁味噌でも名古屋風でおいしいと思うので、味噌はご家庭にあるものでOKです」

5. 白ごま、うどんを加える

Photo by 合田和弘

ごまを加えて均等に混ぜ、うどんを加えて軽くほぐします。

6. 長ねぎ、油揚げをのせて強火にかける

Photo by 合田和弘

土鍋の中央に長ねぎを並べ、油揚げを周囲にバランスよく並べます。

7. つゆが沸騰したら火を弱め、蓋をして3分煮る

Photo by 合田和弘

つゆが沸騰したら弱火にし、蓋をして3分煮込みます。

Photo by 合田和弘

まろやかな味をピリッと引き締める、ゆずこしょうを添えてテーブルへ!

アツアツで温まる!簡単おいしい「豆乳味噌うどん」

Photo by 合田和弘

同色の食材が合うのは定説ですが、豆乳、味噌、ごま、そして長ねぎと油揚げで作り上げた「豆乳味噌うどん」もかなりのクオリティ!特別な材料ナシで簡単に作れるのもうれしいですよね。

「つゆがあまりにもおいしいから、味見をたくさんしてしまいました(笑)。ねぎを噛むと甘ーくなった中身がぎゅっと出てくるし、油揚げもつゆをたっぷり吸っているから、やけどに気をつけてくださいね!

そのまま食べるのもいいけれど、ゆずこしょうがまたいい仕事をするんですよ」と渡辺さん。

次回は、大根おろしと牡蠣を楽しむ「大根みぞれ牡蠣うどん」を紹介

Photo by 合田和弘

次回は「大根みぞれ牡蠣うどん」をご紹介します。煮込んだ大根おろしのおいしさを体感できますよ。お楽しみに!

取材・文/古川あや
撮影/合田和弘

これまでの連載はこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ