ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

料理家きじまりゅうたさん直伝!ピリ辛とろみ豆乳鍋【食材3つでラクうま鍋 #3】

12月の毎週日曜日連載「食材3つでラクうま鍋」では、市販の鍋つゆの素を使わず、3つの食材だけでちゃんと味がきまる鍋レシピをご紹介。

第三回は「ピリ辛とろみ豆乳鍋」。

教えてくれたのは、料理研究家として活躍する、きじまりゅうたさんです。

Photo by Mio Goda

料理研究家/きじまりゅうた 祖母、母ともに料理家という家庭で育ち、5歳の頃から包丁を握る。23歳から本格的に料理の道へ。調理する人、食べる年代やシーンに合わせた「作りやすくておいしい料理」をモットーに、オリジナリティあふれるレシピを考案。身近で再現性の高い家庭料理が好評で、テレビや雑誌を中心に多方面で活躍している

Photo by Mio Goda

「『ピリ辛とろみ豆乳鍋』は、豆乳と鶏肉にまぶした片栗粉でスープもほどよいとろみに。しょうがも入って、体が温まるひと品です。

パサつきやすい鶏むね肉は、片栗粉をまぶしてしっとり仕上げるのがポイント。煮込み料理にも応用できますよ」

前回の記事はこちら▼

材料(2人分)

Photo by Mio Goda

・鶏むね肉(皮なし) ……小1枚(200g)
・しいたけ……4本
・水菜……100g(普通サイズで1/2束)
・片栗粉……大さじ2杯
・塩……小さじ1/4杯
・豆乳……200cc
a. 水……400cc
a. 砂糖……小さじ2杯
a. 塩……小さじ1/2杯
a. しょうが(すりおろし)……小さじ1/2杯 ※チューブでも可
b. ラー油……適量
b. 粗挽き黒こしょう……適量

〈シメ〉
・ごはん……茶碗に軽く1杯

下ごしらえ

・ボウルに(a)を混ぜて鍋つゆを作っておく

Photo by Mio Goda

しょうがは底にたまりやすいので、鍋に入れるときはしっかり混ぜながら入れましょう。

作り方

1. 鶏むね肉に片栗粉をまぶす

Photo by Mio Goda

鶏むね肉をそぎ切りし、ポリ袋に入れます。塩と片栗粉入れて軽く振り、全体にまぶしておきましょう。

「肉が厚めなので、下味をつけるために塩を少々加えます。肉そのものに味が入ると、鍋全体がおいしくなりますよ」

2. 水菜、しいたけをカットする

水菜は長さ5cmに、しいたけは石づきを落として、半分または4等分にカットします。

3. しいたけ、鶏むね肉を入れて煮る

Photo by Mio Goda

鍋にしいたけと、(a)を鍋の6分目くらいまで入れて火にかけます。

「しいたけなどのきのこ類は、冷たい煮汁から煮始めると、旨味がしっかりと出ますよ!」

Photo by Mio Goda

煮立ったら鶏肉を入れ、少し煮込みましょう。

「とろみがあると焦げやすいので、火にかけているときはときどき底からかき混ぜてください」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ