ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

基本のぶり大根の塩分はどのくらい?

Photo by macaroni

脂がのったぶりと味がしみこんだ大根のおいしさがたまらない「ぶり大根」。1人前あたりの塩分は約2.5gです。一日あたりの食塩摂取の目標量は、男性で7.5g未満、女性で6.5g未満。通常のぶり大根では、一日の目標量の1/3以上を摂取することになります。

このレシピでは、味付けや調理方法を工夫して塩分をカット。1人前あたり約1.0g未満で仕上げます。(※1,2)

ゆず香る減塩ぶり大根

Photo by 長曽我部真未

調理時間:30分(※味をしみこませる時間は含まない)
保存期間:冷蔵で2~3日


通常のぶり大根よりも煮汁を少なくして塩分を抑えます。塩分控えめでも味をしっかりとしみ込ませるためのポイントは、煮たあとに時間を置くことです。

ぶりに片栗粉を付けると、ぶりの旨みを閉じ込め、煮汁がよくからんでおいしく仕上がります。

このレシピの栄養価(1人分)

エネルギー……244kcal
たんぱく質……16.2g
脂質……12.5g
炭水化物……15.3g
糖質……13.4g
食物繊維総量……1.9g
食塩相当量……1.0g

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

材料(2人分)

Photo by 長曽我部真未

・ぶり……2切れ(140g)
・塩……少々(0.4g)
・大根……約10cm(250g)
・しょうが……1片
・ゆず皮……1/8個分
・片栗粉……小さじ1杯

調味料
・酒……50cc
・みりん……大さじ1杯
・濃口しょうゆ……小さじ1と2/3
・砂糖……小さじ2杯
・水……大さじ2杯

レシピのコツ

ぶりは塩を振ることで、下味をつけ、くさみを取ります。煮すぎるとパサついてしまうので、煮る時間は10分以下がベスト。

味をしみ込ませるためには、1時間以上そのまま置いておくのがおすすめです。

作り方

1. 野菜を切り、大根は電子レンジで加熱する

Photo by 長曽我部真未

大根は1.5cm厚さの半月切り、しょうがは薄切り、ゆず皮は千切りにします。

大根は耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをし電子レンジ600Wで5分加熱します。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ