ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

混ぜるだけ!納豆とみそのコンビーフディップ

Photo by Mio Gohda

調理時間:5分

体の中からきれいを目指す、納豆を使った発酵おつまみレシピの4回目。最終回は、材料を混ぜるだけの「納豆とコンビーフの発酵ディップ」を、引き続き「神楽坂発酵美人堂」店主の清水紫織さんに教えていただきます。

「日本の発酵食品の代表ともいえる、納豆とみそを組み合わせた簡単おつまみです。どちらも大豆から作られた発酵食品。納豆のタレ代わりにみそを合わせるのもおすすめしたいくらい、味も食べ合わせも相性のよい組み合わせです」

Photo by Mio Gohda

「神楽坂発酵美人堂」店主/清水紫織さん 妊娠をきっかけにアレルギーと腸内環境の関係性を知り、食生活を整えることで体調が劇的に改善する。以降、発酵料理に傾倒し、発酵料理人の伏木暢顕氏に師事。東京農業大学醸造科で学びを深め、現在は延べ2,000名以上の方に発酵食品を通して食文化の素晴らしさを伝えている
「納豆もみそも酵素をたくさん含んだ体によい食べ物です。ただ過度に加熱をすると酵素が壊れてしまうため、栄養素をしっかり摂りたいなら今回のように加熱しないレシピがおすすめです。

とはいえ、日常的に食べるおみそ汁も加熱していますが体によいといわれていますよね。発酵食品は毎日食べ続けることが大切ですので、過敏になりすぎず、おいしく楽しくいただくことを優先してよいと思っています」

健康な食生活は手間暇がかかるものと思っていましたが、簡単でおいしいレシピでも叶うなら積極的に取り入れたくなりますね!

材料(2人分)

Photo by Mio Gohda

・納豆……30g
・コンビーフ(ほぐしておく)……40g
a. みそ(一般的な中辛口)……大さじ1/2杯強(10g)
a. ケチャップ…… 小さじ2杯(10g)
a. ピーナッツバター(無糖)……10g(小さじ1と1/2杯)
a. クミンパウダー……小さじ1杯
・黒こしょう……適量
・クラッカー……適量

作り方

1. コンビーフと納豆を混ぜ合わせる

Photo by Mio Gohda

ボウルにコンビーフと納豆を入れ、よく混ぜ合わせます。

「コンビーフと納豆を先に混ぜ合わせたほうが、調味料が混ざりやすくなります。しかし、コンビーフにはしっかり塩味がついているので、納豆に付属しているタレは使いません」

2. 残りの材料を入れて混ぜる

Photo by Mio Gohda

a)を入れて、再びよく混ぜます。

「ピーナッツクリームは味のアクセントに入れます。納豆やみそと同じく豆同士で相性がいいんです。また、クミンの香りで納豆のクセが抑えられるので、食べやすくなりますよ」

3. お好みで黒こしょうをふりかける

Photo by Mio Gohda

皿にのせてクラッカーを添えたら、お好みで黒こしょうをまぶして完成です。

「黒こしょうは食べる際にお好みの量をかけてください。個人的には黒こしょうをたっぷりかけるのがおすすめです!」

納豆とみそって相性最高!豆の風味を楽しむディップ

Photo by Mio Gohda

材料を混ぜてクラッカーにのせるだけ、と前回以上に簡単な工程で完成する発酵おつまみ。みそやケチャップ、ピーナッツバターのまろやかさとコクにより、納豆のクセがやわらぎ、コンビーフとも非常によく調和していました。

「今回のおつまみは、クミンのスパイシーさがポイントです。ハイボールやレモンサワーなど爽やかな炭酸系のお酒でさっぱりいただくのがよいですね。

また、今回は2種類のクラッカーを用意しました。一般的なサクサクのクラッカーやバゲットも合いますが、薄めのパリパリとしたクラッカーだと納豆の食感や風味とよりマッチしておすすめです」と清水さん。

筆者はディップをごはんの上にのせて丼にしてみましたが、ユッケ丼のようでとてもおいしかったです!

毎週日曜日にお届けした連載も、今回が最終回。これからお酒を飲む機会が増えそうな季節となりますが、発酵おつまみで腸の中から体を温めて楽しく冬を過ごしましょう。


取材・文/鎌上織愛
撮影/強田美央


これまでの連載はこちら▼

編集部のおすすめ