ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

旬の秋いちじくを味わう!中川たまさんの果物レシピ

Photo by macaroni

酸味と甘さが上品で、多様な味わい方ができる秋いちじく。本連載では果物料理を得意とする料理家の中川たまさんに、秋いちじくのおいしい食べ方を教わります。

これまで秋いちじくを使ったおかずレシピをお届けしてきましたが、最終回はデザート。とろりとなめらかなカスタードと、焦がしカラメルがおいしい秋いちじくのクレームブリュレをご紹介します。

Photo by macaroni

料理家/中川たまさん ケータリングユニット『にぎにぎ』を経て独立。料理教室を主宰するほか、雑誌やイベントなどで活躍。著書『季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方 』(日本文芸社)や『私の好きなサラダの食べ方』(グラフィック社)では、さまざまな四季の野菜や果物を、より深く味わうレシピを多数紹介している
「最後の締めとしてスイーツを紹介したく、選んだのがこちらのブリュレ。卵とミルクの味わいは、子供も大人もホッとする組み合わせです。いちじくのおいしさは大人になってから分かるという方も多いですが、このレシピなら子供でもよろこぶはず。食後のデザートやティータイムのスイーツとして、旬の味わいを楽しんでくださいね」

カラメルが香ばしい!秋いちじくのクレームブリュレ

Photo by macaroni

調理時間:15分(※カスタードクリームを冷ます時間を除く)

「半分に切ったいちじくにカスタードクリームをのせ、砂糖をまぶして焦がすだけのシンプルなレシピ。カスタードやカラメルは少し面倒なイメージがありますが、コツを押さえれば失敗なく簡単に作ることができます。

いちじくは皮ごと使い、スプーンですくって食べるスタイルに。見た目がかわいらしく、手も汚さずにすみます」

材料(2人分)

Photo by macaroni

・いちじく……2個
・砂糖(カラメル用)……小さじ4杯

〈カスタードクリーム〉
・卵黄……1個
・牛乳……100cc
・砂糖……20g
・薄力粉……8g
・バニラビーンズ(バニラオイル)……少々

作り方

1. 牛乳とバニラビーンズを鍋に入れ、沸騰直前まで火にかける

2. ボウルに卵黄と砂糖を入れてもったりするまで混ぜ、薄力粉をふるい入れてさらによく混ぜる

3. 2のボウルに1で温めた牛乳を少しずつ加え、よく混ぜる

4. 3をこして鍋に戻し、かき混ぜながら弱火にかけ、とろみがついてから30秒ほどかき混ぜ、火からおろす

5. バットに広げてぴったりとラップをし、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす

6. いちじくを縦半分に切ってカスタードクリームをのせ、砂糖(カラメル用)をかける

7. バーナー、もしくは熱したフォークを砂糖にあてて焦がし、カラメル状にする

コツ・ポイント

1.カスタードは弱火で温め、もったりしたタイミングで火からおろす

Photo by macaroni

「カスタードは、ヘラで持ち上げてもったり落ちるぐらいで火からおろします。強火で熱するとダマになりやすくタイミングを逃してしまうので、弱火で、絶えずかき混ぜながら仕上げてください」

2.熱したフォークやスプーンでカラメルを作る

Photo by macaroni

「バーナーがないご家庭は、熱した金属製のフォークやスプーンでもカラメルを作ることができます。フォークの先端を直火で炙り、ふりかけた砂糖に軽く押し当ててジュワッとさせるだけ。簡単に甘くて香ばしいおこげができます。

熱するのは短時間で問題ありませんので、やけどにはご注意を。使用するのは変色しても良いフォークやスプーンをおすすめします」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ