ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

なすのカルパッチョ〜ホットしらすベーコンオイルかけ〜

Photo by Makoto Kishita

調理時間:15分

第4回目は、しょうがの爽やかな香りが夏にピッタリな「なすのカルパッチョ ホットしらすベーコンオイルかけ」をご紹介します。

「なすは油との相性がバツグンですが、暑い日に油を使うのは抵抗がある……という方も多いのでは?今回はできるだけ火を使わずおいしく食べられるレシピをご紹介します」とサルボさん。

短時間でパパっと作れる簡単かつヘルシーなメニューで、暑い夏を乗り切りましょう!

Photo by Makoto Kishita

料理研究家/サルボ 恭子さん 料理家の叔母に師事し、30歳で渡仏。パリ有数の名門ホテルで研鑽を重ね、現在は料理教室を主宰するほか、テレビや雑誌など幅広く活躍中。著書に『フランス共働き家庭の2品献立』(立東舎)、『夜9時からの飲めるちょいメシ』(家の光協会)など
「なすと油の組み合わせは、焼いたり揚げたりと火を使うレシピになりがちですが、塩揉みしたなすを使えば火を通す必要がないので、調理を時間の短縮に!油の量も抑えられるので、ヘルシーな仕上がりになりますよ。

旬の野菜を普段に使った夏らしい色合いと、しょうがの爽やかな香りで暑い日でも食欲がわくひと品です!」

材料(作りやすい分量)

Photo by Makoto Kishita

・なす……2本
・ししとう……6本
・ニラ……1〜2本
・しらす干し……20g
・スライスベーコン……1枚(15cmほど)
・しょうが(輪切り)……1片
・エクストラバージンオリーブオイル……大さじ3杯
・塩……少々

「しらすやベーコンにしっかり味がついているので、味付けは特に必要ありません。今回は旬のししとうとニラを加えて洋風に仕上げましたが、ねぎなどほかの野菜でも代用可能です」

下準備

・ニラを5mm幅に切る
・ししとうはヘタを落として5mほどの輪切りにする
・ベーコンを細切りにする

「これらの材料はソースのようになすの上にかけるので、大きすぎないほうが食べやすいです。同じくらいの大きさになるように意識して切ると、口に運んだときの食感もよくなりますよ」

作り方

1. なすに塩を振り、水分を出す

Photo by Makoto Kishita

なすを5mmほどの薄切りにし、すぐに水を張ったボウルに入れます。すべて切り終わったら、水を2回入れ替えアク抜きし、水気を拭いておきます。

バットに並べて塩を振り5分置いたら、なすから出てきた水分をキッチンペーパーなどで拭き取ります。

「なすに塩を振って浅漬けのようにすることで、火を通さなくてもおいしく食べられる状態になります。また塩の効果で余分な水分とアクが抜けるので、風味もよくなります」

2. ソースを作る

Photo by Makoto Kishita

小鍋に、しょうが、しらす、ベーコン、オリーブオイルを入れて弱火にかけます。グツグツと煮えてきたらそのまま1分ほど加熱し、ししとうを加えて火からおろします。火を止めてから1分経ったらニラを加えます。

「ベーコンはカリカリにすることが目的ではないので、少し火が通ればOK。ニラは火が通り過ぎると黒くなってしまうので、熱々のうちに入れないようにしましょう。余熱で火を通すくらいがベストです」

3. なすにソースをかける

なすの水気をもう一度手でぎゅっとしぼったら皿に並べ、(2)のソースを回しかけたら完成!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ