ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

時短で超おいしい!とろとろチキンカレー

Photo by macaroni

小久保直宣/macaroni 編集長
ゆる〜い人柄でmacaroniメンバーをまとめながら、カメラマンやモデルとしても駆り出される多忙編集長。実は料理の腕前がプロ級……インスタグラマー(@freeride_cooking)としても活動中!
僕は、カレーはいつもスパイスから作っています……というフレーズに憧れを抱きつつ、市販のルーをアレンジして満足してしまう人間です。どーも、macaroni 編集長の小久保です。

料理では分量もきちんと計ったことがなく、いつも大雑把。そんな僕が、頭を使わず超簡単に本格的なカレーを作るワザを紹介したいと思います。

必要なものは、市販のカレールー(エバラ「横濱舶来亭 中辛」が大好き!)と、12種類のスパイスをミックスした魔法の調味料「カレーの恩返し」。これでもう味はキマります。

あとは圧力鍋を使って、時短で鶏もも肉をとろとろにしてあげると、より本格的なカレーに仕上げることができます。

そして、こめ油でさっぱりと素揚げした野菜を添えれば、彩りも豊かに完成です。

〈とろとろチキンカレー〉
調理時間:30分

Photo by macaroni

材料(2人分)

Photo by macaroni

・鶏もも肉……1枚
・なす……2本
・じゃがいも……小2個
・ブロッコリー……2つ
・オクラ……4本
・玉ねぎ……1個半
・かぼちゃ……4切
・カットトマト……大さじ1杯
・カレーの恩返し……1袋
・ローリエ……1枚
・エバラ横濱舶来亭……180g(1パック6人分)
・クミンシード……少々
・とろけるチーズ……少々
・こめ油……大さじ1杯+揚げ油

コツ・ポイント

圧力調理で鶏もも肉をとろっとろに!

Photo by macaroni

圧力鍋は、ズボラな僕に欠かせないアイテム。放っておくだけで、鶏もも肉をとろっとろに仕上げてくれます。

この肉の旨味をベースに、野菜や“魔法のスパイス”の相乗効果で、本格スパイシーなカレーを作ることができますよ。

作り方

1. 具材を切る

玉ねぎは細かく切ってルーに溶かす分と、大きく切って具材にする分の2種類にカットします。

鶏もも肉は半分にカット。なすは半分に切って切り込みを入れ、じゃがいもも半分にカットして火を通りやすくします。

2. 玉ねぎを炒める

圧力鍋にこめ油を引き、クミンシードを入れます。香りが立ったら、玉ねぎを投入してある程度炒めます。

3. 鶏もも肉を圧力調理する

Photo by macaroni

2の圧力鍋にそのまま水を入れ、鶏もも肉とローリエ1枚を添えて、その上から「カレーの恩返し」を少々振りかけて、圧力調理を開始します(20分程度)。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ