ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコの大人気ロングセラー商品「プルコギビーフ」

Photo by akiharahetta

コストコの「プルコギビーフ」は、言わずと知れたロングセラー商品。その人気は絶大で、もはやコストコの代名詞のような存在です。

やわらかいアメリカンビーフを甘めのプルコギのタレで味付けし、白ゴマと青ネギをたっぷりトッピング。しっかり味で食べ応えばっちり!子供から大人まで、みんなに好まれています。

コスパにご注目!価格や材料について

内容量は、1箱2,000g前後とボリューム大。100gあたり148円(税込)で、筆者が購入したものは2,973円(税込)でした。原材料の牛肉には、CHOCEと格付けされたアメリカンビーフを使用しています。それでいて100gあたり148円(税込)はかなりお買い得と言えるでしょう。

炒めるだけのプルコギビーフは冷凍も可能

Photo by akiharahetta

あらかじめ味付けされた「プルコギビーフ」は、炒めるだけで完成するひと品。フライパンひとつあれば、あっという間に作れ、とっても便利なんですよ。

しかも、冷凍保存可能。ジップ付き冷凍保存袋に、1回分ずつ小分けして冷凍しましょう。なるべく平たくしておくと、解凍しやすく、あとあとラクですよ。冷凍保存期間は2~3週間を目安にしてくださいね。

1箱使い切り!マニアが実施する簡単アレンジ5選

1. 黄身をトロリと絡めて。プルコギビーフ丼

Photo by akiharahetta

「プルコギビーフ」を白いご飯にのせるだけで完成する、超時短メニューです。調理にかかる時間は10分足らず。疲れているときでも作れますよ。

卵の黄身をトッピングし、牛肉に絡めながら食べるのがおすすめ。もしあれば、青ネギをたっぷり加えてください。甘から味によく合い、箸が進みます。

2. 昨夜の残りで簡単。プルコギビーフ炒飯

Photo by akiharahetta

炒飯は「プルコギビーフ」を使った定番アレンジです。つい作りすぎて食べきれなかったときは、翌日炒飯にリメイク。

ざっと刻んで、ほかの食材と一緒に具材として加えてください。在宅ワークのランチにぴったり!冷蔵庫の残り野菜を使えば、フードロス削減にもなります。

3. チーズが決め手。プルコギビーフトースト

Photo by akiharahetta

「プルコギビーフ」はご飯だけでなく、パンに合わせてもおいしく食べられます。とくにチーズと相性がいいので、チーズトーストにトッピングするのがおすすめです。

ボリュームたっぷりで、しっかり食べたい朝やランチに最適。少しくどさが気になる場合は、トマトをプラスしてみてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ