2. 鍋で具材を炒める

Photo by akiyon

厚手の鍋にサラダ油(分量外)を引いて、肉と野菜を炒めます。

3. 水を加えて煮込む

Photo by akiyon

全体に油がまわり肉が白っぽくなってきたら、分量の水を加えます。材料がやわらかくなるまで、5~6分ほど煮込みます。

4. ルーを加えて煮溶かす

Photo by akiyon

カレールーとホワイトシチュールーを全量加え、よくかき混ぜながら溶かします。溶け切らないようなら、水を少し足してみましょう。

5. 隠し味を入れて味を調える

Photo by akiyon

味見をしながら隠し味のケチャップととんかつソースを少しずつ加え、味を調えます。

6. お皿にごはんと盛り合わせる

Photo by akiyon

ルーをごはんの上にかけたり、別の器に入れたり、思い出のスタイルで召し上がれ♪

あら不思議……たしかにこんな味だったかも!

Photo by akiyon

ホワイトシチューのルーを、カレールーとほぼ同じ割合で入れたカレー。いつものおうちカレーよりもずいぶんと黄色っぽく、とろりとした感じに仕上がりました。

肝心のお味はというと、ああこれこれ!こんな感じだったかもしれません!とてもクリーミーでぜんぜん辛くなく、とにかく甘ーいところに懐かしさがこみあげます。具材が小さくてやわらかく、にんじんの独特な風味が完全消滅しているところもそれっぽいですね。

なにせ筆者の場合、遠い記憶のなかにある給食カレーの味わい。食べてみて素直に懐かしさがこみあげてきたので、これで再現成功としましょう♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ