ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

炊飯器フル活用でお店レベルのエスニック料理を食卓に

Photo by 海老沢勇

外出しづらい状況が続く梅雨。レストランで食べるようなごちそうを自宅で、しかも楽に作れたら、気分も明るくなりますね!そこで本企画では、どこのおうちにもある調理家電を使ってお手軽に作れる、しかもとびきりおいしい料理のレシピを、月替わりでテーマを変えながらご紹介します。
料理家・フードコーディネーター/鈴木佳代子さん タイ・バンコクにて料理研究家のアシスタントを務めながら、タイ文部省認定WandeeCulinarySchool、各料理学校、現地レストランなどで料理を学び、帰国。現在はタイ料理研究家、フードコーディネーターとして活動中。タイの地方色豊かな家庭料理と、お酒に合うつまみ料理が得意
今月(2021年6月)お送りする第一弾のテーマは、炊飯器をフル活用したエスニック料理。タイ料理研究家の鈴木佳代子先生が、炊飯器の機能を生かして簡単に本場の味を再現できるよう考えたレシピを教えてくれました。初回はタイのチキンライス「カオマンガイ」です。

炊飯器で手軽に!タイのチキンライス「カオマンガイ」

Photo by 海老沢勇

「タイには便利な屋台文化があり、おいしい食事を安価で食べることができるので、自炊はせず、外食やおかずを買って帰って食べるのが日常。カオマンガイはポピュラーな料理ですが、家では作らず、専門店へ食べに行くのです」

タイでは「専門店の味」とのことでしたが、炊飯器の機能を生かせば、作り方はとっても簡単。本来は鶏肉のゆで汁でご飯を炊きますが、今回のレシピでは、その辺りの作業をまとめて済ませることができると鈴木さん。

「おいしく仕上げるコツは、鶏の香りと旨味が詰まったツヤツヤなごはんに仕上げること!」

材料(2人分)

Photo by 海老沢勇

・鶏もも肉……1枚
・にんにく(軽くつぶす)……1片
・しょうが(皮をむいて薄切り)……3枚
・米(ジャスミンライス、なければ日本米でも)……1カップ
・水……1カップ
・塩、砂糖……各小さじ1杯

A にんにく(みじん切り)……1片
A しょうが(皮をむいてみじんぎり)……10g
A 唐辛子(小口切り・できれば生を、ない場合は鷹の爪を水で戻してやわらかくして、種は除く)……1~2本
A タオチオ(または味噌)……大さじ1と1/2杯
A シーユーカオ(しょうゆ)……大さじ1杯
A 酢……大さじ1杯
A 砂糖……大さじ1と1/2杯

・きゅうり、パクチー……適量

作り方

1. 鶏肉を切り分ける

Photo by 海老沢勇

鶏肉の余分な皮と脂を取り分け、鶏肉を半分に切ります。

Photo by 海老沢勇

鶏肉に軽く塩(分量外)をふります。

「タイでは、よく運動をさせた鶏の肉を煮込み料理に使います。それは、そういう鶏肉のほうが弾力があり、煮込みに向いているから。料理に合わせてお肉を細かく使い分けるのが一般的なのです。今回は徳島県産「阿波尾鶏」の熟成肉を使ってみたのですが、ジューシーでやわらかい肉質でありながらほどよい弾力があって、カオマンガイにぴったりでした」

2. 米を洗ってザルにあげる

ボウルに米を入れて水を注ぎ、軽く混ぜたらすぐに水を捨てます。これを3回繰り返し、素早くザルにあげます。長粒のジャスミンライスはお米をゴシゴシ研ぐと折れてしまうので、汚れを落とす程度にやさしくさっと洗いましょう。

「お米は日本のものでもかまいませんが、やはりジャスミンライスが最適。特有の香りが鶏肉の味を引き立てます。またパラっとした食感がタレともベストマッチ。ぜひ使ってみてください」

3. 皮と脂を炒め、油を取る

Photo by 海老沢勇

炒めて取り出した鶏皮と、鶏皮と脂から取った油。これくらい(大さじ3杯分)の油が必要です
1 で取り分けた皮と脂を炒め、油が出てきたら皮を取り出します。大さじ3杯程度の脂が出るまでじっくりと炒めてください。

「出てきた油は、捨てずに全部使ってください。この油がカオマンガイのおいしさのヒケツです。油をとってカリカリになった鶏皮は、塩を振るとおいしい鶏皮チップスになりますよ」

編集部のおすすめ