ライター : macaroni 料理家 りなきち

管理栄養士

自他共に認める料理マニア。節約、時短、簡単のレシピに目がない。いつもの食材をいかにおいしく変身させるかばかり考えている。料理のことになると、しゃべりすぎる癖がたまにキズ。

カフェごはんみたいな卵料理を作りたい!

Photo by macaroni

こんにちは。macaroni 料理家のりなきちです。

今月のmacaroniのテーマは「雨の日はおうちレストラン」。レストランやカフェで食べる目玉焼きってつるんとぷっくり形のととのった美しい見た目で、思わず写真を撮りたくなってしまうと思いませんか?そんな卵料理をおうちでも作れたら……!

そこで、半熟の目玉焼きとオーバーイージー(両面焼き)、ポーチドエッグを美しく作る方法をご紹介します♪

これぞ王道!美しい半熟目玉焼き

Photo by macaroni

圧倒的な存在感を放つ美しさ!そのまま食べるだけでもテンションが上がる、ホテル風の目玉焼きです。黄身はトロトロですよ。

卵はMサイズ〜Lサイズ、冷蔵庫から出したてのものを使いましょう。きれいな目玉焼きを焼くポイントは卵白。 水溶性卵白は広がりやすいので、意図しない方向に広がりへんてこりんな形になりがちなんです。

そのためには、ザルで白身を濾すことが大切。盛り上がった濃厚卵白だけを残して焼くと、丸くきれいな形に焼けますよ。

用意するもの

・卵……1個
・油……少々
・塩……ひとつまみ
・フライパン
・ふた
・ボウル
・ザル
・フライ返し

作り方

1. ザルに卵を割り入れる

Photo by macaroni

ボウルにザルをセットし、卵を割り入れてサラサラな水溶性卵白を落とします。

下に落ちた水溶性卵白は、スープや味噌汁に加えたり、卵焼きやオムレツを作る際に加えたりして有効活用しましょう。

2. フライパンに卵を入れる

Photo by macaroni

フライパンにサラダ油を引き、塩をひとつまみふります。弱火で熱し、卵をそっと流し入れます。

3. 卵をじっくり焼く

Photo by macaroni

そのまま弱火で5、6分ほどじっくり焼きます。白身が固まってきたらふたをして30秒ほど蒸し、完成です!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ