ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

おうちでレトロクリームを作りたい!

Photo by broccolinist

近年ブームを巻き起こしている、昔懐かしいクリームソーダ。 SNSでは、カラフルなクリームソーダが多く投稿され、おうちカフェとして楽しむ人も急増しています。でもどうやったら、あんなに鮮やかな色が出るのでしょう?

実はわざわざ専用シロップを手に入れなくても、スーパーで購入できるアレを使えば手軽に再現できるんですよ。

それも本記事の公開日である6月15日、「しょうがの日」にちなんで……。そう、キーワードはしょうがです!

岩下の新生姜で簡単。レトロクリームソーダのレシピ

Photo by akiharahetta

クリームソーダを作るうえで、欠かせないアイテムのひとつシロップ。ソーダの色付けに必要な材料ですが、わざわざ購入するのは気が引けますよね。

そこで、思いついたのが岩下の新生姜!しょうがを浸けているピンク色のつけ汁を、シロップ代わりにしてしまおうといういうわけです。

材料

Photo by akiharahetta

・岩下の新生姜……ひと袋
・ソーダ(甘みのあるもの)……適量
・アイスクリーム……適量
・缶詰 or 生のチェリー……適量

おすすめの道具

Photo by akiharahetta

あると便利、かつ美しく仕上げられる調理アイテム。ゴブレットと呼ばれる足のついたグラスと、アイスクリームディッシャーです。

クリームソーダを作るときは、この2つの道具があると便利ですし、完成度も上がります。ディッシャーは、一般的に家庭向きといわれる60~80ccのものを選ぶといいですよ。

手順

1. 新生姜の下準備をする

Photo by akiharahetta

まずは、しょうがの下準備からスタート。とは言っても、することはしょうがとつけ汁を分けるだけ。ボウルにザルを置き、岩下の新生姜の中身をすべてあけて、別々にしてください。

クリームソーダに使うのは、ピンクのつけ汁のみ。しょうが本体はほかの料理に活用してくださいね。のちほどおすすめレシピもお教えします。

2. ソーダで割る

Photo by akiharahetta

1.のつけ汁をグラスに入れ、氷を2~3個加えます。そこにソーダをそっと注いでいきましょう。氷に添わせるように注ぐとうまくいきますよ。

つけ汁にはほとんど甘さがないので、ソーダは加糖のものを選んでくださいね。ソーダ水にガムシロップを加えてもいいかもしれません。
Photos:12枚
クリームソーダが並んでいる
金色プレートにのったピンククリームソーダ
岩下の新生姜とクリームソーダの材料
ゴブレットグラスとアイスクリームディッシャー
ザルで生姜のつけ汁と中身を分けている様子
グラスに入った新生姜のつけ汁にソーダを注いでいる様子
ピンクソーダとアイスクリーム
ピンククリームソーダにチェリーを飾っているところ
ピンククリームソーダのアイスをスプーンですくっているところ
皿に盛った生姜の肉巻きとサラダ
生姜入りの納豆ご飯
木のテーブルにのったピンククリームソーダ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ