ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

モロヘイヤの毒性や症状について

モロヘイヤの種子には、毒成分であるストロファンチジン(ストロフェチジン)が含まれています。ストロファンチジンには強心作用があり、モロヘイヤの原産地であるアフリカでは、かつて矢毒の成分として利用されていたという歴史があります。

ストロファンチンジンを摂ると、めまいや嘔吐・下痢などの中毒症状が出るおそれが。牛がモロヘイヤの実が付いた枝を食べ、死亡したという事例もあります。(※1,2,3)

モロヘイヤの毒性に注意したい部位

めまいや下痢などの中毒症状を引き起こすストロファンチンジンは、モロヘイヤの成熟した種子にもっとも豊富です。ほかにも成熟した種子のさや、未成熟の種子、発芽してから日が浅い若い葉などにも含まれています。

一方、食用とされるモロヘイヤの葉に、ストロファンチンジンは含まれていません。

野菜として販売されているモロヘイヤや、モロヘイヤ茶をはじめとする健康食品からはストロファンチンジンが検出されないことが明らかになっています。(※1,3)

家庭菜園のモロヘイヤは要注意

前述した通り、小売店で野菜として流通しているモロヘイヤには、中毒症状を引き起こす成分が含まれていないため、問題なく食べられます。しかし、家庭でモロヘイヤを育て、収穫する場合は注意が必要です。

モロヘイヤの種を植える際は、子どもが誤食しないようじゅうぶんに注意してください。また、モロヘイヤを収穫するときは、種子・さやなどストロファンチンジンが含まれる部位が混入しないようにしましょう。やわらかい葉の部分だけを採るのがおすすめです。(※3)

モロヘイヤの上手な下処理方法

モロヘイヤは下ゆでをして、アクを抜いてから料理に使いましょう。モロヘイヤを沸騰した湯に入れ、色が鮮やかになればザルにあげて水にさらします。下ゆでする時間は、数秒程度でかまいません。

モロヘイヤには、鉄やカルシウムの吸収を阻害する「シュウ酸」が含まれています。シュウ酸は水に溶ける性質があります。そのため、下ゆでして水にさらすことで、含有量を減らせますよ。(※4,5,6,7,8)

モロヘイヤに含まれるカロリーや栄養

ここからは、モロヘイヤに含まれるカロリーや栄養について紹介していきます。

モロヘイヤ100gあたりのカロリーと糖質量

エネルギー量(カロリー)……38kcal
糖質量……0.4g(※9)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ