定番レモン

檸檬堂を飲むなら、まずは試して欲しい「定番レモン」。
お店で楽しむレモンサワーの“定番だけど本格的なおいしさ”がしっかりと再現されています。一口飲めば、その美味しさに気がつくはずです。
アルコール分は5%と、サワーでは平均的なアルコール度数となっています。
ただ、檸檬堂のアルコール独特の風味をあまり感じない特徴から普段はあまりアルコール度数5%のお酒を飲まない人にもぜひ味わって欲しい一品です。
レモン果汁は10%となっているので、レモンの風味をしっかりと感じることができます。すべてのレモンサワー好きの方はもちろん、あまりレモンサワーを飲まない人にもイチオシです!

ITEM

檸檬堂 定番レモン缶 350ml×24本

¥3,200

350ml×24本

※2021年3月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

はちみつレモン

はちみつでほんのり甘く仕上げた「はちみつレモン」。レモンの爽快感と、はちみつのまろやかな甘みが相性抜群の一品です。
アルコール分は3%と、他のサワー よりも低めなので飲みやすいのが特徴です。
アルコール3%というとサントリーの大人気シリーズほろよいと同じですので、普段ほろよいを飲む方やお酒が得意でない人に特におすすめ。大変飲みやすいですが、レモンサワーらしい味わいも感じるのでお酒好きにとっても満足できるのではないでしょうか。
レモン果汁は7%となっており、定番レモンと比べると低めですが、しっかりとレモンの味わいは感じます。はちみつの味が想像以上にしっかりしているので、甘いお酒が好きな人にはイチオシです!

ITEM

檸檬堂 はちみつレモン缶 350ml×24本

¥3,124

350ml×24本

※2021年3月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

塩レモン

暑い日におすすめの、サッパリとした味わいを楽しめる「塩レモン」。レモンの酸味と、サッパリした塩の味付けがスッキリした味わいに仕上がっています。
アルコール分は7%と平均よりアルコール度数は少し高いですが、檸檬堂の特徴であるアルコール独特の風味をほとんど感じないことと、塩レモンの味がしっかり濃いこともあって余り気になりません。
ただ、定番レモンやはちみつれもんよりは度数は高いので、より強いお酒を好む方向けの一品となっています。
レモン果汁は、はちみつレモンと同じ7%。こちらも、はちみつレモンと同様にしっかりとした味わいがあるので、おつまみを選ばない万能な1本と言えるでしょう。
レモン感が足りないと感じたら、お好みでレモン果汁を追加するのもおすすめです。

ITEM

檸檬堂 塩レモン缶 350ml×24本

¥3,200

350ml×24本

※2021年3月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

鬼レモン

飲み慣れてきた方や、ストロング系チューハイが好きな方におすすめなのが「鬼レモン」。
アルコール分は檸檬堂シリーズの中でも最高の9%で、缶チューハイの中でも高い部類。しっかりとした味わいと驚くべき飲みやすさから、呑兵衛たちからも支持を集めていますが、アルコール度数が高いため飲み過ぎには注意してくださいね。
レモン果汁は、レモン1.5個分の果汁という驚愕の17%、想像以上にレモンをしっかり感じることができます。 このリアルなレモン感が、レモンサワー好きから支持されている理由でもあります。こちらも味がしっかりしているので、氷で割って飲んでも味が崩れにくいのでおすすめです。

ITEM

檸檬堂 鬼レモン缶 350ml×24本

¥3,190

350ml×24本

※2021年3月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

カミソリレモン

檸檬堂シリーズで最も新しい商品が「カミソリレモン」。
名前の通り、カミソリのような切れ味の良い味わいに仕上がっているのが最大の特徴。甘味料不使用で甘くないからゴクゴクと飲めることに加えて、お料理との相性も抜群。アルコール度数も9%と「鬼レモン」と同じなので飲みごたえもしっかりとあります。
甘くないレモンサワーが好きな方におすすめです。

ITEM

檸檬堂 カミソリレモン缶 350ml×24本

¥3,500

350ml×24本

※2021年3月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpおよびshopping.yahoo.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

非売品の限定商品・うらレモン

2021年現在、全5種類のラインナップが発売されている檸檬堂。実は、非売品の「うらレモン」のプレゼントキャンペーンを実施されていたこともあるんです。
檸檬堂のおいしさの秘密である前割り製法はそのままに、麦焼酎で仕込むことによってまろやかさとレモンの酸味の絶妙なバランスを楽しむことができます。
店主が常連さんのために特別に仕込んだというキャッチフレーズもあり、大変期待できる味わいなのではないでしょうか!
再度キャンペーンが行われた際は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか?
檸檬堂には、製造所によって味が違うという噂があります。
檸檬堂は山口県と埼玉県の2県の工場で製造されていますが、Twitter上で埼玉県産よりも山口県さんの方がおいしいという噂が発信されました。
これについて、日本コカ・コーラ広報部は工場によって味が異ならないとして噂を否定しており、Twitter上でも違いがわからない人がいるので信ぴょう性はあまり高くなさそうです。
購入する県に関わらず、山口県産と埼玉県産の檸檬堂は購入することができるので、気になった方は飲み比べをしてみてはいかがでしょうか?
檸檬堂のおいしさの秘訣である、前割り製法や各種類のテイストについて紹介しました。
レモンサワー好きはもちろん、普段レモンサワーを飲まない人やお酒あまり飲まない人にも気にいる商品なので、ぜひ多くの種類を試してお気に入りを見つけてください。
また、「檸檬堂が製造所によって味が異なる噂」の検証として、山口県産と埼玉県産の違いを試してみても面白いかもしれませんね!
提供元:
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ