ライター : やむ

温泉旅行好きグルメライター

温泉ソムリエの資格をもつフリーライター。持ち前のリサーチ力と行動力でたくわえた、おいしいグルメ情報を発信します。

コチュジャンとは?

コチュジャンとは、甘辛い味わいが特徴の唐辛子味噌です。赤唐辛子や米、塩などを混ぜ合わせたあとに、発酵と熟成を経て作られます。ビビンバやナムルをはじめとする韓国料理だけではなく、焼肉や炒め物との相性も抜群。料理にプラスすると、辛さに加えてうま味もグッとアップしますよ。

コチュジャンの選び方

使いやすい容器のタイプを選ぶ

チューブタイプ

チューブタイプのコチュジャンは、1本あたりの目安が100~300gと使い切りやすい量です。コチュジャンを使う頻度が多くない方や、お試しとして使いたい方にぴったりなサイズですよ。フタを開ければ片手で絞り出すことができるため、量の調節がしやすいです。

ボトル・瓶タイプ

ボトルタイプのコチュジャンは、1個あたり500g~1kgとチューブタイプと比べて量がある商品が多いです。辛い物好きの方や、使う頻度が高い方のなかでも「冷蔵庫のスペースをあまりとりたくない」という場合は、ボトル・瓶タイプをおすすめします。

パックタイプ

3種類ある容器のなかで一番大容量とされているのがパックタイプ。1個あたり1kg以上のものが多く、お手頃価格で購入できます。パックタイプを購入しておくと、いつでも好きなタイミングでコチュジャンの味わいが楽しめますよ。

好みの味に合わせて産地で選ぶ

コチュジャンの産地は本場韓国と日本の2種類がメインです。韓国産のコチュジャンは、辛みが引き立つ味わいが特徴。トッポギ用のコチュジャンもあり、料理にあわせて選べます。

日本産のコチュジャンは、日本人が食べやすいように甘さを加えたマイルドな味わいのものが多いです。辛さだけではなくうま味やコクも重視され、味わい深さを実感できますよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ