柔軟剤を使用しない

洗濯機でふきんを洗う際は、柔軟剤を使用しないのがポイントです。多くの柔軟剤に含まれている界面活性剤には繊維の表面をコーティングする性質があるため、吸水性が落ちてしまうことがあります。普段の洗濯で柔軟剤を使っている方は、ふきんだけ別洗いすると良いですね。

洗ったあとのふきんは完全に乾燥させよう!

どの方法で洗った場合でも、ふきんをしっかり乾燥させることが大切です。生乾きの状態だと、また雑菌が繁殖してしまうため気を付けましょう。できれば天日干しがおすすめ。風が当たって早く乾くうえに、紫外線による殺菌効果も期待できます。

天気が悪かったり、外干しする時間がないときは乾燥機や浴室乾燥を活用するのがおすすめです。

ふきんを清潔に保つには

週に1回ペースで除菌する

ふきんを清潔に保つには毎日の除菌が理想ですが、むずかしいときは 週に1回ペースでおこないましょう。忘れてしまいそうな方は、カレンダーに印をつけておいたり、曜日を決めたりすると良いですよ。

数枚のふきんを使い回す

濡れたり汚れたりしたら、すぐに交換できるように数枚のふきんを用意しておくと良いです。使ったふきんを洗って乾燥させている間に別のふきんを使えるので、いつでも清潔な状態を保てます。天気が悪くてなかなか乾かないときも、これなら安心ですね。

ふきんの正しい洗い方をマスターしよう!

ふきんは、正しく洗うことで除菌や防臭効果が高まります。今まで汚れや臭いが気になっていた方は、ご紹介した方法を一度試してみてくださいね。どれもむずかしい手順は不要なので、汚れ具合に合わせて洗い方を変えるのもおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ