メリットとデメリット

重曹で煮沸消毒するメリットは、短時間で除菌できる点です。ふきんの雑菌は、85℃以上で1分以上加熱すると死滅するとされています。ふきん全体を熱湯に入れることで、除菌されやすいです。

一方で、洗浄力がマイルドなのがデメリット。また、漬け置きよりも少し時間と手間がかかります。

用意するもの

・大きめの鍋
・水
・重曹
・菜箸またはトング

手順

1. 鍋にたっぷりの水を入れ、火にかける
2. ひと肌程度に温まったら、重曹を大さじ1~3杯入れる
3. 重曹が溶けたらふきんを入れ、菜箸やトングなどでかき混ぜる
4. 弱火~中火で10~15分ほど煮る
5. 火を止め、そのまま冷ます
6. 水でよくすすぎ、乾かしたら完了

※鍋の材質によっては変色してしまうことがあります。ホーローやステンレス製の鍋を使用してください。

※ふきんは、綿や麻素材のものを使ってください。化学繊維が入っているふきんは、変色や変形のおそれがあるため使用しないでください。

洗濯機でふきんを洗うポイント

メリットとデメリット

洗濯機でふきんを洗うメリットは手軽さにあります。洗濯機に入れればOKなので、浸け置きや煮沸洗いよりも簡単にできるのが良いですね。キッチン用漂白剤やアイテムなどが不要な点もメリットのひとつ。

ただし、汚れがひどいふきんをほかの洗濯物と一緒に洗ってしまうと、汚れがうつってしまうことがあるため注意が必要です。

洗濯機でふきんを洗う際のポイント

下洗いしてから洗濯機に入れる

油でギトギトのふきんをそのまま洗濯機に入れてしまうと、ほかの洗濯物に汚れがうつってしまうおそれがあります。ふきんの汚れがひどい場合は、下洗いしてから洗濯機に入れましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ