作り方

Photo by ちゃいまい

かぼちゃは皮を取って耐熱容器に入れ、ラップをふわっと被せてレンジで温めます(500Wで5分程度)。玉ねぎは、繊維に沿って薄切りにします。

Photo by ちゃいまい

鍋に油を引き、玉ねぎが透明になり薄く色付くまで中火で炒めます。

Photo by ちゃいまい

レンジで温めたかぼちゃは熱いうちに、マッシャーやフォークなどを使って潰しておきます。後ほどミキサーにかけるので、ある程度潰れたら大丈夫です。

Photo by ちゃいまい

玉ねぎを炒めた鍋に、加熱して潰したかぼちゃと水を加え、中火で2〜3分、潰しながら炒め合わせます。弱火にしてパウダースパイスを加え、混ざったら香りが出てくるまで再度中火で2〜3分、火を入れていきます。

Photo by ちゃいまい

炒め合わせた後、しばらく放置して粗熱を取ったら、なめらかになるまでミキサーにかけます。ミキサーにかけたら鍋に戻し、再度温めながら塩胡椒で味を調整してください。鍋に戻す際に濾せば、口当たりが良くなります。

クミンを使って仕上げ

Photo by ちゃいまい

仕上げに、クミンをテンパリングしたものを使います。別の鍋やフライパンでバター(もしくはギー*)を弱火で熱し、温まったらクミンを加えて色が濃くなるまで加熱します。バターの香りが苦手な方は普通の油でも良いですが、ごま油など、香りの強いものはクミンと香りがぶつかってしまうのでおすすめしません。

*インドを中心に、南アジアで古くから作られている食用バターオイルの一種。牛乳や水牛の乳などを煮詰め、水分や蛋白質を取り除いた純粋な乳脂肪製品。

Photo by ちゃいまい

食べる直前に、テンパリングしたクミンとオイルをポタージュにかけてください。一気にバターとクミンの香りが加わり、香ばしくなります。いつものかぼちゃのポタージュと一風変わった香りや味わいが楽しめますよ。

Photo by ちゃいまい

いかがでしたか? スパイスを使うハードルが少しでも下がると嬉しいです!

自由にスープに混ぜ込んでもいいですし、今回ご紹介したように油でテンパリングして加える方法でも気軽に使うことができます。皆さんもぜひ、今回ご紹介したレシピでスパイスを楽しんでみてください。

次回もまた、スパイスの魅力をお伝えしていきます!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ