ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

1月11日は鏡開き。みんなの好きな餅の食べ方を調査!

macaroni 調査企画、第3弾!前回のテーマ「目玉焼きになにをかけるか」に続き、今回は「好きな餅の食べ方」についてのアンケートを実施しました。

本日、1月11日は鏡開き(関東圏)ということで、その結果をランキング形式で発表したいと思います!ラインアップは磯辺焼き、お雑煮、きなこ餅、砂糖醤油、おしるこ、そのほか。

気になる第1位は……? 150名のコメントともにご紹介します♪

<調査概要>
対象:macaroni読者(20〜60歳までの男女) 
調査期間:2021年1月5日〜1月7日 
方法:macaroni記事で募集
回答者数:150名

5位 おしるこ / ぜんざい(10%)

「甘く炊いた小豆と餅の組み合わせが最高」と、甘党からの支持が厚かったおしるこ。「寒い時期に食べるとほっとする」、「たまにしか食べないから贅沢感がある」と冬の味として親しんでいる人が多いようです。

とくに香ばしく焼いた餅と合わせる人が多いようで、煮る派は少数でした。

一方で「甘いのは苦手なので、塩で仕上げたあんこをのせる」という食べ方も。いずれにせよ和の食材同士、相性がいいんですよね。

4位 お雑煮(14.7%)

餅といえばこれ……!と思ったのですが、意外にも4位に落ち着いたお雑煮。ただ「食べないと新年がはじまらない」「正月にお雑煮を食べないなんて日本人ではない」との声もあり、定番であることは間違いなさそうです。

好きな理由としては「少し溶けて、とろとろの食感がたまらない」という意見が大多数。「母の作るお雑煮が大好き」「実家のが一番おいしい」と、食べているときの笑顔が思い浮かぶようなコメントにほっこりしてしまいましたよ。

3位 砂糖醤油(15.3%)

圧倒的に「小さいころから食べている」という声が多かった砂糖醤油。「一番飽きない食べ方」「作るのが楽」とその身近さがうけているようでした。

「3〜4回漬けては焼くをくり返す」「シャリシャリするくらい、砂糖をたっぷり入れる」「砂糖2:醤油1 が黄金比」と、細かいこだわりを持っている人が多いのも特徴。

かくいう筆者はお餅がそんなに得意ではないのですが……、砂糖醤油だけはよく食べていました。甘じょっぱさがヤミツキになってしまうんですよね。

2位 きなこ餅(19.3%)

きなこラバーのみなさんお待たせしました、きなこ餅は第2位です!アンケートには「とにかく、きなこが好きだから」のひとことで埋め尽くされていたほど、愛されているきなこ餅。

餅は脇役で、あくまでもきなこが主役として捉えている人が多いように感じました。元に「きなこを食べるための唯一の方法」と断言する人も!塩や黒ごまを少し入れるのもおすすめだそうですよ。

macaroni にも、きなこ×餅のレシピは多く「きな粉餅ホットサンド」はとくに人気です。バターときなこを合わせた特製クリーム、餅のもっちり感と食パンのサクサク感……。一度食べたらリピートせずにいられません。

1位 磯辺焼き(22%)

堂々の第1位は磯辺焼き。「海苔の香り、醤油の香ばしさ、餅の一体感がGOOD」「お餅=磯辺焼き」「しょっぱい餅といったらこれでしょう!」と大好評です。ほか派閥の反対意見が少ない点からも、人気の高さをうかがえました。

「お雑煮やきなこ餅は食べにくいけど、磯辺焼きは楽ちん」とその食べやすさもポイントである模様。バターやチーズ、七味唐辛子などでアレンジをして楽しむ人も多いようですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS