ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

お好み焼きってご飯に合うと思う?

<調査概要>対象:macaroni読者(20〜60歳までの男女)/ 調査期間:2021年2月3日〜2月5日 / 方法:macaroni記事で募集 / 回答者数:100名
macaroni 調査企画、第4弾!前回のテーマ「好きな餅の食べ方」に続き、今回は「お好み焼きはご飯に合うか」についてのアンケートを100名に実施しました。

地域で違いが大きく分かれがちな、お好み焼きの食べ方。とくに関西地方の人は、切り方にもこだわりがある模様。みなさんの実際の声も合わせてご紹介していきましょう♪

前回の記事はこちら▼

結論…「ご飯に合う」派が半数以上!

関西では “お好み焼き定食” も当たり前だそうですから、合う派が多いことは容易に想像できます。

ただアンケートでは、関西以外の人の回答も多かったのですが、52.9%が「ご飯に合う」と答えました!「合わない」は33.3%、「どちらでもない」が13.7%。

合う派は「ソースがかかってるんだから当たり前!」

合う派には「お好み焼きはおかずやから!小さいころからそう」という関西の人のコメントが中心。

「ソースの濃い味を食べると、白米をかきこみたくなるのは人類の宿命」「魂が欲している」「肉、卵、そしてソース…逆に何が合わないんでしょう?」と、粉ものかどうかというよりは、ソースの味であることが大事だそうです。コメントをすべて読んでいたら、この圧にやられました(笑)

関西以外からも「そもそもご飯がないことが考えられない」「一緒におにぎりを焼いて食べる!」という意見がありましたよ。

合わない派は「ダブル炭水化物が無理」

やはり、圧倒的に「炭水化物×炭水化物だからありえない」という反対意見が多数。「お腹がいっぱいになりすぎる」「太りそう」と、糖質やカロリー面が気になっている人も。

ここで、合う派からのアドバイスをひとつ。

「ありえないと思っている人、そばめしを思い出してみてください。粉ものであることは一旦置いておいて、一回食べて味だけで判断してみてください。ほら、おいしいです」

な、なるほど、ちょっとご飯と一緒に食べてみたくなってきた……。

切り方問題も浮上。格子切りとピザ切り派、多いのは?

ここで、調査は終わろうと思ったのですが……。とある編集部員Aから「東京の人ってお好み焼きをピザみたいに切るよね。関西育ちの私からしたら、あれは本当に許せない。格子切りでしょう!」という熱い意見がポロリ。

「格子切りか、ピザ切りか」(そのほか含む)も調べてみたところ……。約50%の人が「格子切り」と回答!

やはり関西の人を中心に「昔からそう決まっている」「ピザじゃないから!パーティ用じゃないから!」「圧倒的にヘラでとりやすいでしょ」という声が集まりました。

一方で約33%の「ピザ切り」派のコメントは集まらず、そこまでこだわりがあるわけではない様子ですね。

「切らずに丸いまま」派も出現

意外だったのが、そのほかで「切らずに丸いまま食べる」という意見がちらほらあったこと。丸い状態から、ヘラや箸でひと口ずつ切りながら食べていくスタイルですね。思えば、筆者もそうかも

個人的に理由はないのですが、「切るのが面倒だから」という人もいましたよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ