allegria(アッレグリーア)

年末年始は家族や親戚、友人、恋人が集まり、食事をする機会が増えるはずです。でも、今年は、イタリアでも日本でもそれができそうにありません。近い将来、大勢で会食をするときのためにも、覚えておいてほしいイタリア語があります。
食事中、ワイングラスをたおしたり、お皿を引っくり返してしまったりすることがあるかと思います。私自身何度も経験していますし、隣の人が水をこぼしたことがあります。そんなとき、イタリアでは、近くにいる人が「アッレグリーア!」と叫びます。非難ではありません。「アッレグリーア(allegria)」とは、陽気なという形容詞「アッレグロ」の名詞形で、陽気、愉快という意味があります。

ワイングラスをわってしまった人に、「陽気にしてくれてありがとう」という感謝の意味をこめて、アッレグリーアと声をかけるというわけです。イタリア人のやさしさを示す、私が大好きな言葉のひとつです。

この言葉をふつうに使える日常が早く戻ることを願っています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ