ナトリウム

ウインナーには、100gあたり740mgのナトリウムが含まれています。

ナトリウムは、おもに食塩として摂取されています。体内では細胞外液の浸透圧を調節するはたらきが。健康な人ではナトリウムが不足することはほとんどありません。

ナトリウムの摂り過ぎはむくみの原因となるほか、血圧の上昇にもつながるため、摂り過ぎには注意したい栄養素です。

日本人は世界的に見て食塩の摂取量が多く、その減少を目指すため、一日に食塩として摂る量は男性で7.5g未満、女性で6.5g未満が目標量とされています。(※1,9,10)

ダイエット中にウインナーを食べるポイント

食べ過ぎに注意する

ウインナーは糖質量が低いため、糖質を抑えるダイエットに取り入れられますが、脂質やカロリーは低くありません。

低糖質だからといって食べ過ぎてしまうと、脂質の摂り過ぎになり肥満につながるおそれが。また、塩分(ナトリウム)も多いため、むくみの原因になることもあります。

18歳以上の場合、一日に必要なエネルギー量のうち、動物性脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」から摂ってよいエネルギーの目安は、7%まで。18~49歳の女性一食あたりの飽和脂肪酸の量は、5.2~5.3gに抑えることが望ましいです。

このことから、ウインナーは一食に3本(51g)までが目安となります。特にダイエット中は、食べ過ぎに注意してくださいね。(※1,2,7,9,11)

調理油を使い過ぎない

ダイエット中は、なるべくヘルシーに調理したいもの。油を使うと、カロリーが高くなるため注意が必要です。サラダ油やオリーブオイルなどの植物油のカロリーは、以下です。

・サラダ油
小さじ1杯(4g)で35kcal
大さじ1杯(12g)で106kcal

オリーブオイル
小さじ1杯(4g)で36kcal
大さじ1杯(12g)で107kcal

ウインナーを食べるときは、「ゆでる」「油をひかずに切れ目を入れて焼く」といった調理がおすすめ。油を使うときは、計量スプーンで計るようにし、必要以上に使わないようにしましょう。(※1,12)

ダイエット中に。ヘルシーな手作りウインナーレシピ2選

1. 豆腐入り手作りウインナー

豆腐入りでヘルシーに仕上げる、手作りウインナーのレシピ。豆腐を使うことで、豚ひき肉だけで作るより、大幅なカロリーオフが可能です。

大葉やセロリといった香味野菜がアクセントになりますよ。ダイエット中のお弁当にもぴったりです。(※1)

2. ワインに合う手作りウインナー

ハーブやスパイスで仕上げる、手作りウインナーです。隠し味に赤ワインを加えて大人の味わいに。にんにくに含まれるアリシンは、豚ひき肉のビタミンB1の吸収率を高めてくれますよ。

また、鶏ひき肉で作ると豚ひき肉よりもカロリーや脂質を抑えられます。(※1,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ