6. 美しい苦み「ベルアメール 京都別邸 三条店」

Photo by グッチジャパン

お店は烏丸御池駅から徒歩5分。古い町屋をフルリノベーションした店内からは、京都らしさを肌で感じることができます。

店内にはここでしか手に入らない限定ショコラやオリジナルの焼き菓子、洋菓子がラインアップしていますよ。1階はテイクアウトで、2階のショコラバーではチョコレートを使用したデザートがいただけます。

ショコラ雅(箱入り)

Photo by グッチジャパン

4個 1,706円(税込)
日本の季節を、彩り豊かなイラストで表現した逸品です。ひと粒ひと粒に和と洋の素材が組み合わせられています。

日本酒やアールグレイ、苺にローズマリーなど薔薇の柄はグリーンオリーブと白ごま、雪うさぎ柄は甘酒とアーモンドプラリネ、銀杏柄は国産柚子とキャラメル、日傘柄はパイナップルピューレと生姜など、和洋の珍しい組み合わせをひと粒ひと粒に閉じ込めています。見た目も口当たりも極上で、心が豊かになるチョコレートですよ。
店舗情報

7. シアトル生まれのチョコレート「フランズチョコレート 京都BAL店」

Photo by グッチジャパン

京都河原町駅から徒歩7分、京都BAL(バル)の1階に入るシアトル生まれのチョコレート専門店です。マダガスカル・メキシコ・ベネズエラ産の良質なカカオを使用したショコラは、上品な味わいが魅力。

人気のソルトキャラメルやトリュフシリーズなどは、テイクアウトとイートインが可能です。

日本茶とチョコレートのセット

Photo by グッチジャパン

1,320円
イートインでは、オーガニックティーと2種のチョコとのペアリングを楽しめるメニューが常時3通りそろいます。

この日オーダーしたのは、ダークチョコレートでコーティングし海塩で仕上げた「グレイソルトキャラメル」と、細挽きのヘーゼルナッツとミルクチョコレートのプラリネをキャラメリゼした「ヘーゼルナッツクランチ」。「グレイソルトキャラメル」は塩気と甘味が合わさったクセになる味わいです。
店舗情報

8. 新チョコレート菓子「アンリ・シャルパンティエ-ハナレ-京都御所南チョコレート研究所」

Photo by グッチジャパン

お店はジェイアール京都伊勢丹地下1階、神戸発の洋菓子ブランド「Henri Charpentier(アンリ・シャルパンティエ)」の一画に併設されてます。世界的なチョコレートマスター・垣本晃宏氏による新しい洋菓子店として2019年にオープン。

京都の文化とチョコレートを融合することで、新しいチョコレート菓子を提案してくれています。

京都さんかくショコラサンド4個入り

Photo by グッチジャパン

702円
サクサクのパイ生地で、ビターチョコレートクリームをサンドしたお菓子です。生地とクリームには、隠し味でシナモンが効いていますよ。

生地全体にローストしたカカオとシナモンが混ざり合い、サンドされたビターチョコレートクリームと相性抜群です。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS