ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

某人気番組で放送され、話題のマヨネーズ!

Photo by akiharahetta

某人気テレビ番組で取り上げられ、話題となっている「石垣島牛マヨ」。番組内で絶賛され、調味料好きな人たちの間で人気沸騰中なんだとか。口コミでも「最高のお土産」「宿の朝食に出てきたけど、絶品!」と、ほめちぎられています。

「これはぜひ食べてみたい!」と思いましたが、石垣島はさすがに遠い……。そこで調べてみるとネットで購入可能。ということで、さっそくお取り寄せしてみました。

噂の「石垣島牛マヨ」をお取り寄せ

Photo by akiharahetta

石垣島牛マヨ 各1,080円(税込) 左:ハニーマスタード 中央:オリジナル 右:チーズ&アンチョビ
「石垣島牛マヨ」は、石垣島産の特選牛肉を使い、丁寧に手作りしたマヨネーズ。ご飯にのせたり、パンに塗ったりして食べるのがおすすめとのこと。

作っているのは沖縄県石垣島のお土産品を製造販売している会社、石垣フードラボです。所在地はもちろん石垣島内。石垣島の豊かな自然が育てた特産品を使って、お土産品を製造しています。

味は全部で3種類

Photo by akiharahetta

「石垣島牛マヨ」の味は、全部で3種類。オリジナル、ハニーマスタード、チーズ&アンチョビです。パッケージが色違いになっていて、わかりやすいですよね。紙パッケージにくるまれていて、お土産にふさわしい丁寧さです。

そして、左上部にはさりげなく黒毛和牛の文字が……。特選牛に黒毛和牛、贅沢ですよね。ほかになんと沖縄あぐー豚もブレンドされているそう。

内容量 / カロリー

Photo by akiharahetta

内容量は110gで、カロリーは100gあたり305kcal。マヨネーズなのでカロリーはそれなりにありますが、一度に食べる量は多くありませんから、さほど問題ないでしょう。

賞味期限は3ヶ月で、未開封時は常温保存可能ですが、開封後は要冷蔵です。肉類以外の原材料は、玉ねぎ・にんにく・生姜・料理酒などと、シンプルで手作り感満載。かなりおいしそうな予感がします。

まずは石垣島牛マヨのオリジナル味を実食

Photo by akiharahetta

なにはともあれまずはオリジナルから味見スタートです。みんなが絶賛する「石垣島牛マヨ」とはどんな味わいなのか、膨らみすぎた想像を抑えながら、いざ開封!

白っぽいマヨネーズの中に焦げ茶色の石垣島牛がチラ見えしています。

白米にのせて食べるのが鉄板

Photo by akiharahetta

スプーンですくってみると、ぽってりとしたテクスチャーで、普通のマヨネーズよりも少しかためです。茶色いつぶ状に見えていた肝心の石垣島牛は思ったよりも大きく、ゴロゴロとした状態で入っています。

炊き立ての白米にたっぷりのせて食べてみましょう。マヨラーにはたまらない食べ方ですよね。
Photos:13枚
3種類の石垣島牛マヨと料理
3種類の味の石垣島牛マヨを並べた様子
3種類の石垣島牛マヨを無造作に並べた様子
石垣島牛マヨのボトル側面
石垣島牛マヨと青い茶碗
石垣島牛マヨをご飯にのせているところ
大葉とマヨのご飯を箸で食べようとしているところ
石垣島牛マヨを小皿に出したところ
ハム卵のトーストと石垣島牛マヨが青いプレートにのっている
テーブルに並べたカラフルなプチトマトと石垣島牛マヨ
アスパラに石垣島牛マヨをつけているところ
窓際のテーブルの上に並んだ石垣島牛マヨのボトル
白米と石垣島牛マヨ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS